ニュース
» 2010年05月06日 09時30分 UPDATE

IE9のプレビュー第2版リリース 性能や標準サポート向上

最初のプレビュー版と比べ、第2版はJavaScriptベンチマークテストや標準準拠テストの結果が向上している。HTML5のvideoタグサポートは第3版で盛り込む予定だ。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月5日、Internet Explorer(IE)9の開発者向けプレビュー版第2版をリリースした。3月に公開した最初のプレビュー版と比べ、第2版はパフォーマンスや標準サポート、HTML5のハードウェアアクセラレーションが改善されている。

 第2版は最初のプレビュー版と比べてJavaScriptエンジンが高速化し、Web標準への準拠度を測るAcid3テストのスコアも100点満点中55点から68点に改善している。また新機能として、IEの診断情報を表示する「Console」タブや、さまざまなユーザーエージェント文字列をテストできる「Change User Agent String」などが加わっている。

ah_ie9.jpg JavaScriptベンチマークテスト結果

 プレビュー版はIETestDriveサイトからダウンロードできる(ただし、プレビュー版はプラットフォームのコア部分に軽量フレームを載せたテスト用のものであり、セキュリティ機能もないため、日常的に使うものではないとMicrosoftは注意を促している)。

 約8週間後にリリース予定のプレビュー第3版では、HTML5のvideoタグサポートを盛り込む予定。HTML5のVideoタグを使った動画再生はH.264フォーマットのみをサポートするという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -