ニュース
» 2010年05月06日 15時51分 UPDATE

世界初の「人工衛星BOT」 宇宙から観測データをつぶやく

東大が打ち上げた超小型人工衛星「XI_V」がTwitterBOTに。受信した画像や温度情報などを自動でつぶやく。

[ITmedia]
photo XI_Vのページ

 東京大学中須賀研究室はこのほど、超小型人工衛星「XI-V」(サイ・ファイブ)のTwitterアカウント「@XI_V」を公開した。人工衛星から送られた温度情報やバッテリー情報、画像などをリアルタイムにツイートする世界初の人工衛星BOTだとしている。

 XI-Vは、1辺10センチの立方体型の超小型人工衛星で、地球の撮影を目的に同研究室が2005年に打ち上げた。衛星が送った電波を東大の衛星管制局で受信し、受信した電波からバッテリーの電圧、衛星外壁の平均温度情報、観測場所などを取得し、リアルタイムにTwitterに投稿する。

 衛星が撮影した画像データもTwitterに投稿。画像は数日かけて地上に送られ、受信した時点で撮影した時刻と場所とともにツイートする。

関連キーワード

宇宙 | Twitter | 衛星 | 東京大学


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -