ニュース
» 2010年05月11日 08時11分 UPDATE

Twitter、「フォロー強要」のバグ修正

バグを修正する過程で一時的に、ユーザーのフォロワー数とフォロー数が「ゼロ」になる現象が発生した。

[ITmedia]

 米Twitterは5月10日のStatusページで、ユーザーのフォロー登録に関するバグが見つかったため、修正したと報告した。

 Twitterによると、ユーザーがこのバグを利用すると別のユーザーに自分を強制的にフォローさせることができてしまう状態だった。

 Twitterはこのバグを修正し、バグが悪用されたケースについてはすべて元に戻す作業を行った。その過程で一時的に、ユーザーのフォロワー数とフォロー数が「ゼロ」になる現象が発生したが、この問題は既に解消された模様だ。

関連キーワード

バグ | Twitter | バグフィックス


関連ホワイトペーパー

バグ | バグフィックス




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -