ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バグフィックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バグフィックス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Apple、デベロッパー向けアプリ「WWDC」を「Apple Developer」としてリニューアル
WWDC参加者のためのアプリが、デベロッパー全般に向けたアプリとして改訂された。(2019/11/20)

iPhoneのモバイルデータ通信不具合を修正した「iOS 13.2.2」配布開始 iPadOS版も
iPhone、iPadのOS不具合を修正したアップデートが配布されている。(2019/11/8)

Apple、AirPods Proに対応したmacOS 10.15.1アップデート提供
新発売のAirPods Pro登場に合わせてmacOSも改訂。(2019/10/30)

iOS 13.2でAirPods Proサポート Deep Fusionもアンロック
iPhone 11のカメラ性能を向上させるDeep Fusionが使えるようになった。(2019/10/29)

Apple、「iOS 13.1.3 ソフトウェア・アップデート」配布開始 iPadOSも
iOS 13のリリース以降、矢継ぎ早のアップデートが続く。(2019/10/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(146):
Windows Updateの不都合な現実、再び──IE向け緊急パッチの混乱
2019年9月の第4週に「Internet Explorer(IE)」の緊急レベルのセキュリティパッチがMicrosoft Updateカタログを通じてダウンロード提供され、その翌日にオプションの累積更新プログラムがWindows Updateで配布される、そして10月初めにさらに新しい累積更新プログラムが自動配布されるという、とてもユーザーを混乱させることがありました。緊急レベルのセキュリティパッチは、9月の公開時になぜにWindows Updateで自動配布されなかったのでしょうか、振り返ってみましょう。なお、IEの脆弱性問題は、10月8日(米国時間)のセキュリティ更新でも解決されています。(2019/10/16)

山市良のうぃんどうず日記(163):
サポート終了直前だけど、Windows 7の新規インストールと最速更新(2019年9月版)
Windows 7の製品サポートが終了する「2020年1月14日」まで残り3カ月。こんな時期ですが、これからWindows 7を新規インストールし、最新状態にまで更新するとしたら、どれくらい時間がかかり、どの更新プログラムが必要となるのか、2019年9月時点で“最速”と考えられる方法で試してみました。今回は省略していますが、Windows Server 2008 R2にも適用できるはずです。(2019/10/9)

Pythonイベント:
今がPython 2からPython 3へ移行するのにベストなタイミング:トークセッションレポート
Python 2のサポートが終了したら、今あるPython 2のコードはどうすればいいだろうか。悩ましい問題にさまざまな選択肢を与えてくれるセッションをレポート。(2019/9/27)

「iOS 13.1」配信 AirDropの機能改善や不具合修正など
Appleが9月25日、「iOS 13.1」の配信を開始した。バグ修正や機能改善などの内容が含まれる。U1チップを活用したAirDropに対応し、iPhoneを向けるだけでファイルのやり取りが可能に。バッテリーや各種アプリの不具合を修正する。(2019/9/25)

iOS 13.1にアップデート UWB使ったAirDrop使用可能に
iOS 13が早くもアップデート。U1チップの新機能がようやく使える。(2019/9/25)

いまさら聞けないCIP入門(中編):
CIPではどのようにして長期サポートを実現するのか
CIP(Civil Infrastructure Platform)は、Linux FoundationのOSSプロジェクトであり、その目的の1つは産業グレード機器に対して長期的なサポートを達成することです。「いまさら聞けないCIP入門」の中編では、CIPが目指す長期サポートをどのように実現しようとしているかについて説明します。(2019/9/24)

「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」まさかのVer.1.03配信開始! ツインスティックへの対応準備で
他にも一部のバグ修正など、23項目の変更が行われます。(2019/7/29)

いまさら聞けないCIP入門(前編):
持続可能な産業グレードのOSS基盤を実現する「CIP」とは何か
CIP(Civil Infrastructure Platform)は、Linux FoundationのOSSプロジェクトであり、その目的の1つは産業グレード機器に対して長期的なサポートを達成することです。「いまさら聞けないCIP入門」の前編では、CIPがどのような背景で発足したのか、現在どのような活動を行っているかについて説明します。(2019/7/17)

2019年2度目のリリース:
Kubernetes 1.15がリリース、安定性の強化とCRDなどの機能強化が特徴
Kubernetesプロジェクトは2019年6月19日(米国時間)、2019年における2回目のリリースであるKubernetes 1.15の提供開始を発表した。本記事では、新バージョンを説明したブログポストの抄訳をお届けする。(2019/6/20)

Go AbekawaのGo Global!〜Michael Schumacher編(後編):
「参入したら決して逃げない」――エンジニアの誇りを持ち続けるCEOのこだわり
ユーザーのエクスペリエンスとシステムをモニタリングする「SysTrack」製品で知られる「Lakeside Software」の創業者兼最高経営責任者(CEO)のMichael Schumacher氏。釣りやスポーツが好きな「普通の」子どもだったSchumacher氏が、Lakeside Software創業に至ったきっかけとは何だったのか。(2019/6/6)

石野純也のMobile Eye:
iOSから独立した「iPadOS」が生まれた理由、「watchOS 6」「iOS 13」の進化点を読み解く
「WWDC 2019」全体に通じるキーワードは「独立」かもしれない。それを最も象徴しているのが、タブレット用OSとしてiOSとは切り離して開発された「iPadOS」だ。「watchOS 6」も単独でできることが増えており、iOSへの依存が下がりそうだ。(2019/6/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(49):
Windows 7のサポート終了まで残り半年、選択が迫られるレガシーPCの今後
Windows 7は半年後の「2020年1月14日」に延長サポートが終了し、製品のサポートライフサイクルの終了を迎えます。互換性やコストなど、さまざまな理由でWindows 7を大量に、あるいは一部で使い続けてきた企業は少なくないと思いますが、ライフサイクル終了後についてすぐに検討する必要があります。(2019/5/30)

Apple、「iOS 12.3.1」配信 「メッセージ」関連のバグ修正
AppleがiPhone、iPad向けOSのマイナーアップデート「iOS 12.3.1」を配信した。「メッセージ」関連の2つのバグを修正した。セキュリティ関連の修正はない。(2019/5/27)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:【大胆予想】春・秋 機能アップデートの位置付けが大変更!?
これまで毎年4月にリリースされてきた春の機能アップデートが、2019年は延期されて5月末に提供される予定だ。こうした機能アップデートの評価期間や提供期間の変更の影には、春と秋の機能アップデート自体の位置付けの変更があるのではないだろうか?(2019/4/25)

AUTOSARを使いこなす(9):
AUTOSAR Adaptive Platformのメソドロジ
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第9回では、前回取り上げたAUTOSAR Adaptive Platformのアーキテクチャに続いてメソドロジについて説明する。(2019/4/15)

2種類の「PowerShell」を統合:
Microsoft、「PowerShell Core 6.2」を公開、次期リリースは「PowerShell 7」に
Microsoftは、「PowerShell」について、オープンソースエディションの最新リリース「PowerShell Core 6.2」の一般提供を開始した。また、次期リリースの開発計画と、名称が「PowerShell 7」となる理由も明らかにした。(2019/4/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成間近のWindows 10「19H1」に“ファイル消失問題”は反映されているのか
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になるようだ。前回のアップデートで発生した“ファイル消失問題”の反省は生かされているのだろうか。(2019/3/26)

カスタムAIを開発してアプリに組み込み:
Microsoftが.NET用オープンソース機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」を公開
オープンソースの.NET開発者向けクロスプラットフォーム機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」をMicrosoftが公開した。(2019/3/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(44):
迫るWindows 7のサポート終了、Windows 10への乗り換えの鍵は“マインドチェンジ”
2018年12月末、Windows 10の導入後の運用に関する1つのホワイトペーパーが公開されました。これからWindows 10に本格的に移行しようと計画している企業の担当者はもちろん、既にWindows 10を導入した企業の担当者にもぜひ一読していただきたいドキュメントです。何かヒントが得られるかもしれません。あるいは、途方に暮れてしまうかも……。(2019/3/8)

いまさら聞けないクルマのあの話(5):
自動車のセキュリティって何をすればいいんですか?
自動車の通信機能やインフォテインメントシステムが充実することで、セキュリティの重要性が高まっている。さまざまな開発課題に対応するため、自動車のセキュリティに十分にリソースを割くことができていない現状もある。日本シノプシス ソフトウェアインテグリティグループ シニアソリューションアーキテクトの岡デニス健五氏に話を聞いた。(2019/2/27)

「安定性」「セキュリティ」「無料」の全ては満たせない:
PR:セキュリティパッチ、バグ修正は今後どうなる?――Javaが動くシステムを安価に安定運用するための現実解とは
2017年9月、OracleがJDK/Java SEの提供方法を変更することを発表した。これを受けて、「JDKの有料化」という誤解が生まれてしまったが、実際はそうではない。JDK提供に関する変更点をあらためて確認しつつ、Javaを使い続ける企業に迫られる選択について解説しよう。(2019/2/12)

Apple、グループ FaceTimeバグ修正アップデートを来週提供
グループ FaceTimeで応じる前にこちらの音が聞こえてしまうというバグの修正は来週行われる。(2019/2/2)

男性キャラの作成に対応 スマホでVTuber作れる「カスタムキャスト」
カスタムキャストが男性キャラクターの作成に対応した。(2019/1/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Lite」の到来とWindows 10“次々期”大型アップデート「19H2」の姿
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)がいよいよリリースに向けてカウントダウンを開始したようだ。というのも、次の次となる「19H2」の姿がおぼろげながら見えてきてからだ。(2019/1/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(114):
バグ検出ドリル(14)タイポグリセミア現象もびっくり、恐るべきは思い込み
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第14回の問題は、前回に続いて「煮詰まったバグ」です。煮詰まっているがゆえに、バグの原因が分からなくなる事態に対処してください!(2019/1/28)

@ITソフトウェア品質向上セミナー2018:
及川卓也×山田誠二対談「機械が人に合わせる」時代から「人が機械に合わせる」時代へ――エンジニアのシンギュラリティーを考える
システム開発現場の在り方はAIや機械学習によってどのように変わるのか――@ITソフトウェア品質向上セミナーの特別講演「AI/機械学習、自動化で開発現場にも訪れるシンギュラリティーにどう備えるか」で、フリーランス エンジニアリング・プロダクトアドバイザーの及川卓也氏と、長年AIの研究に携わる国立情報学研究所教授の山田誠二氏が対談した。(2019/1/28)

「iOS 12.1.2」配信開始 eSIMに関するバグを修正
Appleが12月18日、iOSのアップデートを開始。最新バージョンの「iOS 12.1.2」の配信を開始した。バグ修正が目的。(2018/12/18)

Apple、eSIMバグ修正したiOS 12.1.2配布
Appleは、バグ修正したiPhone用アップデート「iOS 12.1.2 ソフトウェア・アップデート」を配布開始した。(2018/12/18)

大企業向けから中小企業向けまで
いまさら聞けないSAPのERP 5大製品の特徴と最新動向をおさらい
SAPが提供する5つの主要な製品である「SAP ERP」「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP Business One」「SAP Business ByDesign」について、北米の最新事情から製品の概要や特徴を紹介する。(2018/12/18)

長期サポートを確約
「Amazon Corretto」はOpenJDKディストリビューションの本命に躍り出るか
AWSは、Javaのオープンソース実装である「OpenJDK」の独自ディストリビューション「Amazon Corretto」を発表した。Correttoは、Oracleが配布するOpenJDKよりもサポート期間が長い。(2018/12/17)

Apple、watchOSに心電図追加 ただし米国のみ
待望の心電図をApple Watchで計測するアプリがwatchOSのアップデートで搭載された。ただし利用できるのは米国のみ。(2018/12/7)

「iOS 12.1.1」配信開始 iPhone XRの機能追加やFaceTime関連改善など
Appleが「iOS 12.1.1」の配信を開始した。グループFaceTime追加時に追いやられていた「反転」ボタンが1タップできる位置に戻った他、「iPhone XR」の機能追加や20件の脆弱性への対処などが適用される。(2018/12/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(66):
Windows Server 2019やVMware仮想マシンにも対応したAzure Backup Server v3が利用可能に
Azure Backupサービスとともに機能し、オンプレミスサーバのベアメタル回復用バックアップやアプリケーションのD2D2C(Disk to Disk to Cloud)のバックアップ保護と復元を可能にするMicrosoft Azure Backup Serverの最新バージョン「v3」が利用可能になりました。(2018/11/29)

Windows 10 The Latest:
Windows 10の更新プログラム適用で地雷を踏まないためのWindows Update運用法
Windows Updateによるアップデートの適用は、場合によっては不具合を起こす可能性もある。アップデートによって不具合が発生しないことを確認してから適用するとよい。そのためのWindows Updateによる適用を延期する方法を紹介しよう。(2018/10/30)

デスクトップだけ管理すれば良い時代は終わった
Windows 10、macOS、iPhone 複数OS混在職場のアップデート戦略は?
IT部門はこれまでのデスクトップ管理の方法では、現在企業で使われているデバイスやOSなどを全て管理することはできない。時代に沿ったアプローチをするためのツールと戦略を紹介する。(2018/10/22)

設定するなら使い始める前に
「Windows 10」のビジネス向け機能5選 “最後のWindows”の生かし方
「Windows 10」にはセキュリティ、生体認証、アシスタント機能などが標準搭載されている。うまく使えば大きなメリットを享受でき、知らずにいると思わぬ事故につながる可能性もある。要点を理解しておこう。(2018/10/13)

組み込み開発ニュース:
ディープラーニング関連機能を大幅強化したモデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、データ解析ソフトウェア「MATLAB」とシミュレーションシステム「Simulink」の最新版「Release 2018b」を発表した。ディープラーニング関連機能を大幅に強化し、生産性と使いやすさを改善した。(2018/10/9)

SESや下請け構造自体に問題はない。では何が?:
多重下請け構造であえいでいるエンジニアが知っておきたいIT業界の仕組み
わが社は、なぜ頂点を、せめて少しでも上のポジションを目指さないのだろうか――IT業界解説シリーズ、第2弾は「多重下請け構造」の闇に迫ります。(2018/10/9)

LinuxとmacOS利用者も関心を寄せる
「PowerShell」の未来はオープンソース化によってどう変わるのか
Microsoftは同社の「PowerShell」の開発を秘密裏に進めることはなくなった。PowerShellをオープンソースに移行することにはメリットがある。だが、ユーザーもこうした移行の影響に対処しなければならない。(2018/10/9)

転職バーのハルカさん(10):
PR:別れる前に思い出して、カンパリオレンジのあの日々を
転職活動中の「シュウヘイ」は、現職の人事部長に特殊任務を命じられた。存在感の薄さを生かして彼が近づいた男の横には、アノ女が――!(2018/10/1)

「OpenJDK」で無償の長期サポート提供は、現時点で期待薄:
Java 11正式版がリリース、本バージョンから「Oracle JDK」のサポートは有償に
Java 11正式版がリリースされました。数々の新機能はさておき、最も注目されているのは、「Oracle JDK」のサポートが有償になることでしょう。長期サポートを受けつつ、無償で利用したいユーザーはどうすればいいのでしょうか。(2018/9/28)

MathWorks:
ディープラーニング機能を拡張したMATLAB/Simulinkの最新版「Release 2018b」
MathWorksは、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新版「Release 2018b」を発表した。Release 2018bでは、製品ファミリー全体にわたる新機能追加やバグ修正が行われた他、ディープラーニングに関する機能が大幅に強化された。(2018/9/28)

2026年までアップデートが提供される長期サポートリリース:
Oracle、「Java SE 11(JDK 11)」の一般提供を開始
Oracleは、「Java SE 11(JDK 11)」の一般提供を開始した。「TLS 1.3」「HTTP/2」をサポートし、開発生産性を高める多数の改良が加えられているという。(2018/9/27)

無料/低予算で利用できる
個性が光るメールクライアント4製品比較、脱「Outlook」には何がいい?
「Outlook」は代表的なメールクライアントだが、企業によってはOutlook以外の選択肢を検討したい場合もあるだろう。十分な機能を備えた4つの代替製品について、長所と短所を比較してみた。(2018/9/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10大型アップデート「October 2018 Update」が完成間近 バグ修正しながらスマホ連携強化も
2018年10月の一般公開が見込まれるWindows 10次期大型アップデート「October 2018 Update」。8月末から9月初旬までの開発ビルドリリース状況と今後の見通しを紹介する。(2018/9/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。