ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バグフィックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バグフィックス」に関する情報が集まったページです。

ANSIレンダリングに対応:
Microsoft、「PowerShell 7.2 Preview 2」を発表
Microsoftが発表した「PowerShell 7.2 Preview 2」では、ANSIエスケープコードを含むテキスト作成しやすくする新機能を利用できる。(2020/12/25)

Google、IoT向けOS「Android Things」から撤退 採用製品増えず
Android開発者をIoTに引き込む作戦は失敗に終わった。(2020/12/18)

「Firefox 84」公開 M1 Macに正式対応 Flashのサポートはこのバージョンまで
米Mozilla Foundationが「Firefox 84」を公開。M1チップ搭載Macに正式対応した。「Flash Player」をサポートするのはこのバージョンが最後としている。(2020/12/16)

Apple、iPhoneとiPadのOSを更新し、バージョン14.3に Apple ProRAW、AirPods Maxに対応
Appleのアップデート祭り。iOSとiPadOSも更新された。(2020/12/15)

「iOS 14.3」配信 写真規格「Pro RAW」追加や「AirPods Max」対応他、多数の機能追加
Appleが「iOS 14.3」をリリースした。「iPhone 12 Pro/Pro Max」のカメラの目玉機能「Pro RAW」が利用できるようになる。オーバーイヤー型ヘッドフォン「AirPod Max」にも対応した。セキュリティ関連では11の脆弱性に対処した。(2020/12/15)

M1 MacでiPhoneとiPadのアプリを拡大可能に 「macOS Big Sur 11.1」で AirPods Max対応も
Appleが、AirPods Maxなどに対応した「macOS Big Sur 11.1」を配布開始した。(2020/12/15)

AUTOSARを使いこなす(17):
AUTOSARの最新リリース「R20-11」に盛り込まれた新コンセプト(前編)
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第17回では、2020年12月に一般公開されたAUTOSARの最新リリース「R20-11」について紹介する。(2020/12/8)

パトロンサイト「Enty」、クリエイターへの支援金を滞納 背景を代表に聞く
パトロンサービス「Enty」を運営するEntyが、ファンから預かった支援金をクリエイターに滞納している。急な支払いが続き資金繰りが難しくなったことが原因としている。(2020/11/17)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)の変更点まとめ
Windows 10の秋の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」の提供が開始された。新機能は少ないものの、細かい改良が行われている。Windows 10のバージョンごとのサポート期間なども含め、主な変更点をまとめてみた。(2020/11/12)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済の11月キャンペーンは?/ドコモの新モデルは「オンライン限定色」に注目
スマートフォンを使った決済サービスのキャンペーンは「マイナポイント」のスタートに伴い落ち着く……と思いきや、規模はさておき引き続き提供されています。(2020/11/9)

「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」配信 新EmojiやAirPods充電最適化、Shazam機能追加など
AppleがiOSとiPadOSの14.2の配信を開始した。Unicode Emoji 13.0の新Emojiが100点以上追加された他、多数の機能改善、バグ修正、脆弱性修正が行われた。Shazamを「ミュージック認識」としてコントロールセンターに追加できるようにもなった。(2020/11/6)

Androidの11月月例セキュリティ更新は危険度最高5件含む33件、Pixelでは多数のバグ修正も
GoogleがAndroidおよびPixelの11月の月例更新をロールアウトした。Androidでは重要度最高の5件を含む33件の脆弱性に対処する。Pixelではサイレントモードで大事な通知もしない問題など、12件のバグも修正する。(2020/11/3)

山市良のうぃんどうず日記(192):
うぃんどうず、どっきり、マル秘報告――しつこいようですがWindows Updateが“へん”の話
「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」のWindows Update問題(もしかしたら仕様)について、前回までに紹介し切れなかった、もう一つの別の問題(もしかしたら仕様)を報告します。以前から疑っていた挙動ですが、前回、さまざまなパターンを試し、確証に近づけたような気がする「再試行」ボタンの謎についてです。恐らくリリースされたばかりの「Windows 10バージョン20H2(October 2020 Update)」も同じ問題を抱えています。(2020/10/28)

Apple、HomePodをアップデートし、インターコム機能、ユーザー聞き分けが可能に
Appleは、インターコム機能などを追加したHomePodアップデート「HomePodソフトウェア 14.1」を配布開始した。(2020/10/21)

「iOS 14.1」配信 10ビットHDR動画の再生・編集対応やウィジェット関連バグなどの修正
「iOS 14.1」の配信が開始した。間もなく発売の「iPhone 12」にも適用される。「写真」アプリで10ビットHDR動画の再生と編集に対応した他、ウィジェット関連のバグなどが修正される。(2020/10/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(171):
「永続ライセンス版Office」に新機能は追加されない、わけでもないようだ
「Microsoft Office」アプリは、「Microsoft 365」サブスクリプション製品と「Office Professional Plus」などの永続ライセンス製品があります。両者の大きな違いはライセンス体系と、新機能の継続的な提供の有無です。しかし、新機能の追加という点に関しては、曖昧になってきているところがあるような、ないような……。(2020/10/21)

OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?(終):
クラウドやコンテナのセキュリティ評価でも使われている「Compliance As Code」の始め方
本連載では、グローバルスタンダードになっている「SCAP」(セキュリティ設定共通化手順)およびそれを基にシステム構成や脆弱性の検査を行うためのOSSツール「OpenSCAP」や、その周辺の技術、用語などを紹介する。今回は、OpenSCAP/SCAP Security Guideプロジェクトの発展形である「Compliance As Code」について実例を見ながら解説する。(2020/10/27)

リポジトリ操作からマージまで:
コマンドラインから「GitHub」を利用できる「GitHub CLI 1.0」が公開
「GitHub」をターミナルから利用できるツールの正式版「GitHub CLI 1.0」をGitHubが公開した。GitHubにあるワークフローの全てを「gh」コマンドで実行できる。(2020/10/2)

Apple、iOS/iPadOSでデフォルトブラウザとメーラーがリセットされる問題を修正
iOS、iPadOS、watchOS、tvOSが一斉にアップデートされた。(2020/9/25)

「DELTARUNE チャプター2」は「年内完成」見込み 「UNDERTALE」5周年に合わせて新作の開発状況を公開
5周年おめでとうございます!(2020/9/15)

アップグレードの検討を Microsoft製品が相次いでサポート終了間近に
JPCERT/CCは、2020年10月13日をもって「Office 2010」と「Exchange 2010」がサポート終了を迎えると注意を促した。Microsoftは、利用ユーザーに「Microsoft 365」や「Exchange 2016」などへの移行を推奨している。(2020/9/15)

AppleのApp Storeガイドライン改定でiOS端末でのゲームストリーミングが可能に
Appleが、アプリストアへのアプリ登録のガイドラインを改定した。この改定で、「ストリーミングゲームは、すべてのガイドラインに準拠する限り許可される」という条項が追加された。だが、ガイドラインはストリーミングのメリットを損なうとMicrosoftはメディアに語った。(2020/9/14)

セキュリティ、運用管理の優位性を強調:
AWS、コンテナホスト用のLinuxベースOS「Bottlerocket」を正式リリース
Amazon Web Services(AWS)は、同社が設計し、コンテナ実行に最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」の一般提供を開始した。(2020/9/11)

「iOS 13.7」リリース 新型コロナ接触通知、アプリなしで可能に【追記あり】
Appleが「iOS 13.7」をリリースした。AppleとGoogleが新たにリリースした新型コロナ接触通知システムに対応。各国の公衆衛生当局がこのシステムを採用すれば、ユーザーは専用アプリをダウンロードしなくてもオプトインするだけで接触通知を受けられるようになる。(2020/9/2)

Apple、アプリレビュープロセス更新 ガイドライン違反でもバグ修正だけなら更新可能に
Appleが、アプリストアのレビュープロセスを更新し、ガイドライン違反審査中のアプリでも、バグ修正のアップデートは可能にした。また、レビューチームに対し、ガイドライン改善を提案できるようにした。(2020/9/1)

Windowsフロントライン:
近付く「20H2」の足音、次の大型アップデートでWindows 10の何が変わるのか
間もなくやってくる次期Windows大型アップデートとなる「20H2」(開発コード名)だが、現行のバージョン「2004」から何が変わるのだろうか。最新動向を見ていこう。(2020/8/31)

Apple、EpicのApp Storeアカウントを停止(Unreal Engineは無事)
Appleが警告通り8月28日にEpic GamesのiOSおよびmacOSのApp Storeアカウントを停止した。既に削除されているフォートナイト以外の同社のゲームもダウンロードできない。Unreal Engineを管理する別のアカウントは、裁判所命令により停止していない。(2020/8/29)

Androidの8月の月例セキュリティ更新は「Critical」6件を含む54件の脆弱性を修正
Googleは8月3日、Androidの月齢セキュリティ情報の8月版を公開した。危険度最高の「Critical」6件を含む54件の脆弱性に対処する。Pixelのセキュリティ更新は「High」1件を含む3件。(2020/8/4)

Apple、車のデジタルキーに対応した「iOS 13.6 ソフトウェア・アップデート」を配布開始
BMWの最新機種で、iPhoneをデジタルキーに使えるようになった。(2020/7/16)

Androidの7月の月例セキュリティ更新は「Critical」4件を含む24件修正(Pixelシリーズは4件のみ)
Googleが、Android向けの7月の月例セキュリティ更新を開始した。危険度最高4件を含む24件の脆弱性に対処する。Pixelシリーズのアップデートでは「Moderate」4件に対処。(2020/7/7)

PS5にみる物理メディアの終焉
PS5の「デジタルエディション」は光学ドライブを搭載しないゲーム機だ。今後はむしろ、それが主流になる可能性が高い。光ディスクによるゲームコンテンツの流通は破綻しているといってもいい状態だからだ。(2020/6/17)

Apple、開発者向けアプリをmacOSに移植 Mac Catalyst使いWWDCに向け
Appleは、Mac CatalystによりmacOSにも対応したデベロッパー向けアプリ「Apple Developer 8.2」を配布開始した。(2020/6/16)

Apple、「COVID-19 4.0」を配布開始 バグ修正と改善含む
日本のApple Storeでは配信されていない。(2020/6/9)

Androidの6月の月例セキュリティ更新は「Critical」2件を含む多数の脆弱性修正あり
GoogleがAndroid OSの月例セキュリティ更新の6月版配信をPixelシリーズ向けに開始した。危険度が最高の2件を含む多数の脆弱性が修正され、PixelシリーズではBluetoothや音声などのバグ修正も多数行われる。(2020/6/2)

Google Cloud FunctionsがJava 11をサポート開始。KotlinやScalaも利用可能に
米Googleが、Google Cloud Functions(GCF)でJava 11のサポートをベータ版として開始。GCFは、いわゆるサーバレスコンピューティングをGoogle Cloudで提供するサービス。Functions Framework for Javaを用いることで、KotlinやGroovy、ScalaといったJavaVMで実行される、いわゆるJavaVM言語にも対応する。(2020/5/28)

Apple、バッテリー状態管理機能を追加した「macOS 10.15.5 アップデート」を配布開始
MacBookユーザーにとってはメリットが大きいアップデートになりそうだ。(2020/5/27)

iPhone、マスク着用時のFace ID改善と新型コロナ接触追跡に対応 iOS 13.5アップデートで
Appleは、マスク着用時にFace ID搭載端末のアクセスを改善した「iOS 13.5 ソフトウェア・アップデート」を配布開始した。(2020/5/21)

Apple、「COVID-19 3.1」を配布開始 検疫のベストプラクティス追加
3月にリリースした新型コロナ感染症アプリがまたアップデートされている。(2020/5/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(107):
Office 365のサービスとアプリがMicrosoft 365に改称
Microsoftは2020年4月22日から、「Office 365」ブランドで提供していた主要なサブスクリプションサービスおよびアプリを「Microsoft 365」ブランドに統合し、名称を変更しました。Office 365およびMicrosoft 365サブスクリプションはMicrosoft Azureのサービスに依存するものがあるため、本連載で変更点をお伝えします。(2020/5/14)

Computer Weekly製品ガイド
CI/CDによる高速化で品質も向上――ただし条件付き
継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)はソフトウェア開発の高速化を約束する。だが採用に当たってはまず、成果を引き出すための基本事項を押さえておく必要がある。(2020/4/30)

AppleのCOVID-19スクリーニングツール、日本語に対応 Webサイトは日本からもアクセス可
日本語を含む言語サポートが追加されたが、相変わらず日本のApp Storeではダウンロードできない。(2020/4/17)

iOSとiPadOSの「13.4.1」配信開始 FaceTimeとBluetoothのバグ修正
Appleが、iPhoneとiPadのそれぞれのOSを「13.4.1」にアップデートする配信を開始した。FaceTimeとBluetoothのバグが修正される。セキュリティ関連の修正はないとしている。(2020/4/8)

iOSとiPadOS、バージョン13.4.1にアップデート
iPhoneとiPad向けOSがバグ修正。(2020/4/8)

リモートワークが増えている現在は、なおさら重要:
Microsoft、「Visual Studio 2019 バージョン16.6 Preview 2」に新しいGit関連機能を搭載
Microsoftは、「Visual Studio 2019 バージョン 16.6 Preview 2」のプレビュー機能「新しいGitユーザーエクスペリエンス」を開発者向けブログで紹介した。(2020/4/6)

Apple、バグ修正した「COVID-19 1.1.」を配布開始
日本では配布されていないiPhone用COVID-19情報アプリが更新された。(2020/4/3)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】2020年春の機能アップデート「20H1」はこうなる
2020年春(5月ごろ)に配布開始予定のWindows 10の機能アップデート「20H1」で提供される機能がほぼ固まった。そこで、20H1がどのようなものになるのかまとめてみた。(2020/3/26)

iOSとiPadOSの「13.4」配信開始 iPadOSはマウスとトラックパッドに対応
AppleがiOSとiPadOSのバージョン13.4の配信を開始した。iPadOSではマウスとトラックパッドの対応、日本語のライブ変換の強化などが行われた。セキュリティ関連では30件の脆弱性を修正した。(2020/3/25)

Apple、ミー文字ステッカーなどを追加した「iOS 13.4」を配布開始
iPhoneの最新OSは13.4となった。(2020/3/25)

Apple、マウスとトラックパッドのサポートなどを追加した「iPadOS 13.4」配布開始
iPadでマウスとトラックパッドがちゃんと使えるようになった。(2020/3/25)

高校生の学習スタイルのハイブリッド化を推進中:
PR:“紙”のベネッセ、アプリ開発のアジャイル×内製化でジャンプアップ
開発体制をアウトソースから内製に変え、開発手法もウオーターフォールからアジャイルに移行したベネッセの開発チーム。事業部門と同じブースで“チームで”作り上げたアプリの成否やいかに――。(2020/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。