ニュース
» 2010年05月11日 12時09分 UPDATE

Mozilla、「Firefox 4」のビジョンを明らかに 2010年秋リリースへ

Firefox 4は新しいJavaScriptエンジン「JaegerMonkey」を採用し、Gmailタブなど特定のアプリケーションの専用タブを導入して操作性の向上を図る。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは5月10日、Firefoxブラウザの次のメジャーアップグレード版は「Firefox 4」になるとし、そのビジョンを明らかにした。

 Mozillaは当初、次のメジャーアップグレード版をFirefox 3.7にする予定だったが、これをバージョン3.6.4に変更した。バージョン3.7の主な目的がプラグイン周りの修正だからという。これにより、次のメジャーアップグレードはFirefox 4となる。

 Firefox 4は2010年10〜11月ごろにリリース予定で、「高速化」「HTML5以降の新たなWeb標準に対応できる処理能力」「ユーザーがブラウザ、データ、Web体験を完全にコントロールできるようにする」を主な目標に据えるという。

ah_firefox1.jpgah_firefox2.jpg

 同ブラウザには新しいJavaScriptエンジン「JaegerMonkey」や、64ビットサポートを組み込む計画だ。また、インタフェースのさらなる簡素化や、Gmailタブなど特定アプリケーションの専用タブで操作性を向上させるという。「Firefox Sync」でのユーザーデータのバックアップ・共有、シングルクリックでのサインオンなどによってユーザーデータ管理の強化を図り、アドオンの検索を容易にしたり、再起動なしでアドオンをインストールできるようにする。Web開発者向けにはジェスチャー・マルチタッチ対応、HTML5パーサー、3D機能などを盛り込む。

 6月後半にはFirefox 4のβ版をリリース予定という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -