ニュース
» 2010年05月12日 08時05分 UPDATE

Adobe、Shockwave PlayerとColdFusionの脆弱性を修正

Shockwave Playerには深刻な脆弱性が多数あり、悪質なコードの実行に悪用される恐れがある。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは5月11日(現地時間)、Shockwave Playerの更新版とColdFusionのホットフィックスを公開し、複数の脆弱性に対処した。

 Adobeのアドバイザリーによると、Shockwave Playerは11.5.6.606までのバージョン(Windows、Mac版)に深刻な脆弱性が多数あり、悪用された場合、悪質なコードを実行される恐れがある。同社はこれら問題を解決した「Shockwave Player 11.5.7.609」をWindowsとMac向けに提供し、ユーザーにアップデートを促している。

 一方、ColdFusionは8.0/8.0.1/9.0までのバージョン(Windows、Mac、UNIX版)に、クロスサイトスクリプティング(XSS)や情報流出の脆弱性が存在する。リスクは4段階評価で上から2番目に高い「重要」レベル。ホットフィックスはAdobeのサイトを通じて入手できる。

関連ホワイトペーパー

脆弱性 | Adobe Systems(アドビシステムズ)




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -