ニュース
» 2010年06月07日 07時42分 UPDATE

iPhoneとAndroid、スマートフォン市場でシェア拡大――米Nielsen調べ

首位BlackBerryとiPhoneの差は7ポイントに縮まり、Androidはシェアを2ポイント伸ばした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Nielsenが6月4日(現地時間)に発表した第1四半期(1〜3月)における米スマートフォン市場に関する調査報告によると、米AppleのiPhoneおよび米GoogleのAndroid搭載端末が、それぞれシェアを前年同期比で2ポイント伸ばした。

 スマートフォンの携帯電話全体に占める割合も着実に増えており、23%と2009年第2四半期から16ポイント伸びている。

 スマートフォン市場の機種別シェアは、首位は依然としてカナダのResearch In Motion製BlackBerryだが、2ポイント減の35%だった。2位が28%のiPhone、3位はこれも2ポイント減で19%の米MicrosoftのWindows Mobile端末で、Androidは9%で4位につけている。

share 2010年第1四半期の米スマートフォン市場シェア(資料:Nielsen)

 iPhoneとAndroidのほかのスマートフォンとの大きな違いとして、NielsenはOSへの忠誠度を挙げている。各スマートフォンユーザーに次に購入したい機種のOSを聞いたところ、iPhoneユーザーの80%、Androidユーザーの70%が次も同じOS搭載機を購入したいと回答した。BlackBerryではこの数値は47%、Windows Mobileでは34%とそれぞれ半数に届かなかったのと対照的だ。

loyalty AndroidとiPhoneユーザーが次に購入したい端末のOS(資料:Nielsen)

 この結果では、AndroidユーザーでiPhoneに乗り換えたいとしたユーザーの割合は、その逆の2倍だが、iPhoneの市場シェアはAndroidの約3倍であるから、数でみればiPhoneからAndroidへの乗り換え希望者の方がその逆より多いことになる。

 通話以外の端末利用方法でも、AndroidとiPhoneはほかのスマートフォンと異なる特徴が見られた。iPhoneユーザーはゲームのダウンロードやオンラインでのプレーがほかのスマートフォンより多く、Androidユーザーは着信音、画像、壁紙のダウンロードやアップロードといったファイル転送が多いのが特徴だ。

usage 直近の30日間に利用した通話以外の機能(資料:Nielsen)

 なお、米Gartnerが5月19日に発表した第1四半期の世界スマートフォン市場シェアでは、Androidがシェアを1.6%から9.6%へと大幅に拡大して、Windows Mobileを追い抜いている。また、米調査会社NPD Groupは第1四半期の米スマートフォン市場の調査結果として、消費者向けの販売台数ベースでAndroid端末がiPhoneを抜いて2位になったという報告を発表している

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -