ニュース
» 2010年07月07日 11時29分 UPDATE

Firefox 4.0のβ1リリース WebMをサポート

Firefox 4β1ではタブの位置を変え、Firefoxボタンを導入するなどUIを変更。オープンなWeb動画フォーマット「WebM」もサポートしている。

[ITmedia]

 Mozillaは7月6日、「Firefox 4」の最初のβ版をリリースした。現時点では英語版のみダウンロードできる。

 このβ1はFirefox 4の主要な新機能や改善点を盛り込んでいる。Windows版ではUIを変更し、タブをウィンドウの最上部に移動しており、ローケーションバーからタブの切り替えが可能になっている。またWindows 7およびVistaでは、メニューバーをFirefoxボタンに置き換えており、このボタンから保存や印刷、オプションなどのメニューを利用できる。これらの変更はMac版とLinux版にも導入予定。

ah_ff4_1.jpgah_ff4_2.jpg

 UI変更のほか、新しいアドオンマネージャ、Web動画フォーマット「WebM」のサポートを加えている。またプライバシー保護を強化し、起動時とページロード時の性能向上にも注力しているという。

 開発者向けにはHTML5パーサーやWebSockets、IndexedDB、アドオン開発キットJetpack SDKを搭載している。

 Mozillaは2〜3週間おきにFirefox 4の新しいβ版をリリースし、今後はブックマークや設定の同期機能、新しいプライバシーコントロールなどを加えていくという。正式リリースは秋の見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -