ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年07月22日 12時16分 UPDATE

企業の4割超、2010年度にWindows 7の導入を計画

IDC Japanの調査によると、2010年度にPCを買い替える意向があると答えた企業は約8割だった。Windows 7の導入を計画している企業は4割超となり、導入率が増えている。

[藤村能光,ITmedia]

 調査会社IDC Japanは7月22日、国内のPC市場の調査結果を発表した。2009年度にPCを購入した企業1000社のIT管理者を対象に、インターネット調査を実施した。

 2010年度にPCを買い替える意向があると答えた企業は78.6%だった。2009年の調査結果の53.9%を大きく上回り、PCの買い換えが進んでいることが分かった。

 買い替え意向があると答えた企業の47.2%は、2009年の調査時と同等またはそれ以上の台数の買い換えを予定している。PCを「壊れるまで使用する」と答えた企業は12.8%(前年度25.6%)だった。

 PC製品に対する企業の満足度では、「PC製品に満足している」という回答が86.0%を占めた。IDC Japanは各ベンダーが提供するPCのCPUやOS、機能や性能などの差がほぼなくなっており、どのPCでも同じような使い勝手や性能があるためと分析している。

 2010年度にWindows 7の導入を計画している企業は42.8%であり、2009年度の32.3%を大きく上回った。導入予定の企業で「半年以内に評価を完了させ、問題がない場合は導入していく」と答えた企業は18.2%だった。IDC Japanは「Windows 7の導入率は向上しており、法人向けPC市場でもPCの買い替えに寄与する」とコメントしている。

2010年度 PC買い替え意向 2010年度 国内PC市場 ビジネスユーザーのPC買い替え意向(出典:IDC Japan)
2009年度 PC買い替え意向 2009年度 国内PC市場 ビジネスユーザーのPC買い替え意向(出典:IDC Japan)

関連キーワード

Windows 7 | IDC | Windows | OS | PC市場 | サポート終了 | 調査会社


関連ホワイトペーパー

Windows 7 | Windows




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.