ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「調査会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

メーカー別ではIntelが首位:
21Q1の半導体売上高は前四半期比増に、2010年以来初
英市場調査会社であるOmdiaは2021年6月14日(現地時間)、同年第1四半期(1〜3月期)における半導体市場の売上高が1313億米ドルとなり、2020年第4四半期に比べて0.5%増加したと発表した。(2021/6/17)

日本企業の約4割がSaaS利用 ガートナー「クラウドは普及・拡大フェーズ」
日本企業のクラウド利用はコロナ禍前に比べて拡大している――こんな傾向が、IT調査会社ガートナー ジャパン(東京都港区)の調査で分かった。同社は背景としてAmazonなど米大手企業がクラウド導入を宣伝したことなどを挙げた。(2021/6/14)

MacWorldやIDC運営のIDGをBlackstoneが13億ドルで買収
IT系メディアのMacWorldや調査会社IDCを擁するIDGを、米投資会社Blackstoneが買収する。2017年にIDGを買収した中国の投資企業からの買収総額は13億ドル。(2021/6/4)

200mmの供給は限界間近か:
半導体不足、解消の鍵は「300mmウエハーへの移行」
8インチ(200mm)ウエハーのサプライチェーンは、控えめに言っても、かなり厳しい状況にある。これは、決して新しい問題ではない。台湾の市場調査会社TrendForceが2020年11月に発表したプレスリリースでは、「8インチウエハーの生産能力に関しては、2019年後半から深刻な不足状態が続いている」と述べている。(2021/5/25)

DevSecOpsへの取り組みが不適切:
企業のセキュリティ、リスクが高いのはネットワークよりもアプリケーション
WhiteSourceは調査会社のPonemon Instituteと協力して行ったエンタープライズアプリケーションのセキュリティリスク軽減に向けた調査結果を紹介した。セキュア開発ライフサイクルを徹底することと、開発チームとセキュリティチームの連携が重要だという。(2021/5/21)

動画配信ランキング、「東京リベンジャーズ」が3位に躍進 「名探偵コナン」は2位に
調査会社のGEM Partnersによる定額制動画配信サービスの横断調査。4月に始まった「東京リベンジャーズ」が好調。(2021/5/20)

動画配信ランキング4月版が公開 1位「呪術廻戦」、3位「進撃の巨人」 2位は?
調査会社のGEM Partnersは、4月の「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」の結果を発表した。(2021/5/15)

「ウマ娘」の売上高が世界3位に 米調査会社が2021年4月モバイルゲーム統計を発表
強い……。(2021/5/12)

「呪術廻戦」「進撃の巨人」「鬼滅の刃」――動画配信ランキング“三強”の一角が数カ月ぶりに崩れる
調査会社のGEM Partnersによる定額制動画配信サービスの横断調査。(2021/4/14)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(10):
本当にサブスクでもうかるのか、費用対効果を探る
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第10回は、ソフトウェアビジネスによる収益化に向けたサブスクリプションの導入で本当にもうかるのかについて、調査会社などが発表している数字を基に探っていく。(2021/4/13)

セキュリティの「シフトレフト」を推奨:
Webアプリなどが依然として主要な攻撃対象――Forresterの年次アプリセキュリティレポート
WhiteSourceは調査会社Forrester Researchのアプリケーションセキュリティに関する年次レポートの内容を公式ブログで紹介した。組織がオープンソースソフトウェアやサードパーティーのコンポーネントにますます依存し、より多くのAPIを外部に開放している中、どのような対策が望ましいのかが示されている。(2021/4/12)

昨年のレジ袋需要が4割減 有料化影響か
スーパーやコンビニエンスストアなどで配布されるプラスチック製レジ袋の令和2年の需要量が前年に比べ約36%減ったことが、19日までに調査会社「日本経済総合研究センター」の調べで分かった。(2021/3/19)

激化する価格競争:
「今後利用したい携帯電話会社」ランキング 圧倒的な差をつけて1位になったのは?
調査会社のマイボイスコムが携帯電話会社のイメージに関する調査の結果を発表。「CMの印象が良い」や「先進的だと思う」企業が明らかに。「今後使ってみたい」ランキングの1位は?(2021/3/10)

調査レポート:
世界のスマートウォッチ出荷台数、2020年は前年比1.5%増 トップはやはりApple──Counterpoint Research調べ
調査会社Counterpoint Reserachの2020年通年の世界スマートウォッチ市場調査結果によると、同年の総出荷台数は前年比1.5%増。メーカー別トップのAppleはシェアを6ポイントのばし、40%になった。9月発売の「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が好調だった。(2021/3/8)

動画配信ランキング、「呪術廻戦」が圧倒的1位 5サービスのうち4つを制覇
調査会社のGEM Partnersは、2月の「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」の結果を発表した。(2021/3/4)

動画配信ランキング、「呪術廻戦」が10〜50代から圧倒的支持 60代のみ別作品が1位
調査会社のGEM Partnersが「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」の結果を発表した。「PUI PUI モルカー」が新たに12位に。(2021/2/24)

磯部孝のアパレル最前線:
空き店舗が目立つ”裏原宿”で「古着屋さん」が増加? 若者の間でブームが起こるワケ
今、若者達の間で「古着」が再注目されている。民間調査会社の調べによれば2019年度の国内ファッションリユースの市場規模は、前年比16.1%増の7200億円まで成長しているそうだ。(2021/2/24)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 「鬼滅の刃」や「愛の不時着」を抑えて1位になったのは……
調査会社のGEM Partnersは、1月の「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」の結果を発表した。(2021/2/13)

Chromebook出荷、10〜12月期は前年同期比約4倍、Lenovoが躍進──Canalys調べ
調査会社Canalysによると、2020年10〜12月期のChromebookの世界での出荷台数は前年同期比287%増の1120万台だった。メーカー別では、中国Lenovoが1766%増と好調だった。(2021/2/1)

コロナ下でも回復基調:
2020年Q4のスマホ市場はAppleが首位、Huaweiは5位に
米国の市場調査会社であるIDCは2021年1月27日(現地時間)、2020年第4四半期(10〜12月期)の世界スマートフォン市場のシェアを発表した。同四半期のスマートフォン出荷台数は合計で3億8590万台で、前年同期比で4.3%増加した。(2021/2/1)

ファブレスは順調だが:
2020年の半導体売上高、IDMは伸び悩む
米国の市場調査会社であるIC Insightsによると、2020年のファブレス半導体企業の売上高は安定して増加し続けた結果、新記録を樹立する見通しだという。一方、垂直統合型デバイスメーカー(IDM)の過去12カ月間の売上高は伸び悩んだ。(2021/1/8)

調査レポート:
7〜9月の世界スマートフォン販売、5.7%減 Appleは4位にランクダウン
米調査会社Gartnerによる7〜9月期の世界スマートフォン販売は前年比5.7%減。前期は20%以上の減少だったため、コロナ禍の影響から回復しつつあると同社はみている。メーカー別ランキングではXiaomiがAppleを抜いて初めて3位になった。(2020/12/1)

自動車保険満足度、トップは楽天損保とソニー損保 コロナの影響は?
顧客満足度調査会社のJ.D.パワー ジャパン(東京都港区)は11月19日、自動車保険についての顧客満足度調査結果を発表した。代理店系保険会社のトップは楽天損保、ダイレクト系保険会社のトップはソニー損保だった。(2020/11/19)

調査レポート:
7〜9月の世界スマートフォン出荷、Samsungが首位返り咲き、Appleは初の4位に
米調査会社IDCの7〜9月期の世界スマートフォン市場調査によると、メーカー別出荷数でSamsung Electronicsがトップに返り咲いた。前四半期に首位だったHuaweiが2位に、3位はインドと中国で好調だったXiaomiだった。(2020/11/2)

調査で判明:
コンビニの接客で不快に感じたことは? 「レジ袋いらないのに袋に入れられる」「現金払いに嫌そうな顔をされた」の声
コンビニの利用頻度や期待する接客に関する調査をインターネット調査会社のマイボイスコムが実施した。不満・不快に感じた接客の内容が明らかになった。(2020/10/29)

OMDIAのアナリストに聞く:
「スマホの多眼化」がコロナ禍を吸収?イメージセンサー市場の未来は
拡大を続けるイメージセンサー市場の今後の展望やそして新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響について、市場調査会社OMDIAのシニアプリンシパルアナリスト、李根秀氏に話を聞いた。(2020/10/12)

山根康宏の中国携帯最新事情:
5Gスマホの4台に3台は中国メーカー、1万円台の激安モデルも間もなく登場
調査会社カナリスは、2020年第2四半期のスマートフォン出荷台数でHuaweiがSamsungを抜き初の1位になったというデータを発表した。Huaweiは既に5Gスマホ市場でシェア1位になっている。2020年下半期には、中国メーカーから1000元(約1万5200円)以下の「激安5Gスマホ」が登場する見込み。(2020/8/21)

製造マネジメントニュース:
エッジAIや説明可能なAIは“過度の期待のピーク”へ
米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプサイクル2020年版」を発表した。調査結果によると、「コンポーザブルエンタープライズ」「データファブリック」「組み込み型AI」「セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)」「説明可能なAI」などが「過度の期待のピーク」に入った。(2020/8/21)

大躍進も米制裁で「短命」に?:
HiSiliconが初のトップ10入り、20年上期半導体売上高
米国の市場調査会社IC Insightsは2020年8月11日(米国時間)、2020年上半期の世界半導体企業売上高ランキングを発表。Huaweiの子会社であるHiSiliconが中国の半導体企業として初めてトップ10入りしたことを明かした。(2020/8/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
グローバル調査で分かった、パブリッククラウドからオンプレミス回帰12個の理由
オンプレミス回帰(Cloud Repatriation)とはいったい何か? その意思決定にどのような意図があるのか? 米国の調査会社ESG(Enterprise Strategy Group)が海外で実施したハイブリッドクラウドに関する調査レポートをご紹介する。(2021/2/17)

OMDIAアナリスト座談会:
迷走する米中対立、“落とし所なし”の泥沼化
2020年も7カ月が過ぎたが、米中対立は泥沼化している。英調査会社OMDIAのアナリストたちに、米中対立の今と、コロナによるエレクトロニクス業界への影響について語ってもらった。(2020/8/17)

IoTセキュリティ:
現場と連携するセキュリティ責任者は8倍有能!? テナブルが調査結果を報告
Tenable Network Security(テナブル)は、調査会社のForrester Consultingと共同で実施したセキュリティ業界の調査レポートを発表した。世界各国の800人以上の事業責任者およびセキュリティ責任者を対象に実施したもので、テナブルとしては初の試みとなる。(2020/8/7)

蓄電・発電機器:
二次電池市場は2035年に2.5兆円規模に、再エネ・系統向けが需要をけん引
調査会社の富士経済が電力貯蔵システム(ESS)および定置用蓄電池ステムの世界市場に関する調査結果を発表。再エネ・系統向けなどの需要拡大が続き、同市場は2035年に2兆4829億円規模に拡大すると予測している。(2020/8/7)

Yole Developpement:
SiCはウエハー品質が課題、GaNは統合がトレンドに
パワーエレクトロニクスは、GaN(窒化ガリウム)とSiC(炭化ケイ素)の採用によって、興味深い道を歩んできた。フランスの市場調査会社であるYole Developpement(以下、Yole)は、これらのワイドバンドギャップ材料の概観を発表した。(2020/7/30)

クラウドが変えるセキュリティ市場【前編】
「SECaaS」はなぜ必要か? 従来型セキュリティ製品の“3大限界”を打破
クラウドサービスの普及が、セキュリティ製品の在り方も変えようとしている。その象徴的な存在が「SECaaS」(Security as a Service)だ。調査会社が国内市場の成長を見込むSECaaS。注目の背景を探る。(2020/8/17)

クラウドニュースフラッシュ
“クラウド拒否”の企業がIaaS/PaaSを使いたくなる条件とは?
複数の調査会社が、クラウドサービスの企業導入は2020年以降も進むと予測している。その理由とは。クラウドサービスの導入事例やクラウド移行を支援する新サービスと併せて紹介する。(2020/7/31)

接触確認アプリ、世界各国のインストール状況は?
アプリ調査会社の米SensorTowerが、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐ接触確認アプリのインストール状況について、世界13カ国で調査した結果を発表した。最も普及率が高いのはオーストラリアで21.6%。日本は5%で13カ国中7位。(2020/7/15)

消費行動の意外な変化も:
レジ袋有料化、消費者最大の懸念は「ごみ袋として再利用できなくなる」――調査で判明
「レジ袋有料化で不都合に感じたこと」を調査。トップは「自宅用ごみ袋として再利用できなくなること」。調査会社が消費者に聞いた。(2020/7/10)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【中編】
新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か
新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。(2020/7/7)

20年には日本、22年には韓国を上回ると予測:
半導体生産能力、2022年には中国が世界2位に
米国の市場調査会社IC Insightsは2020年6月24日(米国時間)、半導体生産能力の国/地域別シェアに関する予想を発表した。この予想によると、2022年には中国が韓国、日本を上回り世界シェア2位の座につくという。(2020/6/30)

香川県10代のゲームプレイ時間、ネット・ゲーム規制条例施行後はどうなった? 利用状況が明らかに
香川県の10代のゲームプレイ時間は、ネット・ゲーム依存症対策条例が可決されてから落ち込んだものの、政府の非常事態宣言発令後はそれまで以上に伸びているとする調査結果を、調査会社が発表した。(2020/5/29)

IC Insightsの市場予測:
2020年の世界IC出荷数「史上初」の2年連続減少へ
米国の市場調査会社IC Insightsは2020年4月21日(米国時間)、2020年の世界IC出荷数が前年比3%減となる、とする予測を発表した。IC出荷数は2019年も減少しており、同社によると、2年連続でIC出荷台数が減少するのは史上初だという。(2020/4/24)

新型コロナ対策で急減叫ばれる:
人との接触、東京より大阪の方があまり減らず――働く人に調査
新型コロナ対策で叫ばれる「人との接触」低減。東京都より大阪府の方がこの「接触度合いの低減率」が低めなことが判明。調査会社が両都市で働く人にアンケートした。(2020/4/16)

蓄電・発電機器:
燃料電池市場は2030年に4.5兆円規模に拡大か――富士経済予測
調査会社の富士経済は2020年3月、燃料電池の世界市場に関する予測調査結果を公表。世界の燃料電池市場は2030年度に2018年度比22.6倍の4兆4724億円に拡大すると予測している。(2020/4/16)

新型コロナ影響、550億米ドル規模に:
2020年の世界半導体市場、0.9%減のマイナス成長
米国の市場調査会社Gartnerは2020年4月9日(米国時間)、2020年の世界半導体売上高が前年比0.9%減の4154億米ドルになる、との予測を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響を踏まえたもので、前年比12.5%増とした2019年12月の当初予測からは13.4ポイントの下方修正となった。(2020/4/15)

市場全体は前年比11.7%減のマイナス成長:
2019年半導体企業売上高ランキング、トップにIntel
英国の市場調査会社Omdia(旧IHS Markit)は2020年4月、2019年の世界半導体企業売上高ランキングを発表した。メモリ不況の影響などによって市場全体がマイナス成長となった中で、多角化戦略を進めるIntelが順調に売り上げを伸ばし、トップに返り咲いた。(2020/4/14)

IC Insightsの発表:
2020年の世界IC市場予測、マイナス成長へ下方修正
米国の市場調査会社IC Insightsは2020年4月9日(米国時間)、2020年の世界IC市場の市場予測を発表。プラス成長を見込んでいた従来予測から一転、前年比4%減のマイナス成長へと下方修正した。(2020/4/14)

日本の閉鎖数が最多:
世界の半導体工場、過去10年で100カ所が閉鎖/転用
米国の市場調査会社IC Insightsによると、2009〜2019年に閉鎖/転用された半導体工場は、世界で計100カ所に達したという。近年相次ぐ半導体メーカーの買収/合併や、ファブライト/ファブレスへの移行および効率化を求めた古いファブの閉鎖や転用が要因だ。(2020/4/10)

太陽光:
期待の次世代太陽電池市場、2030年に4500億円規模にまで成長か
調査会社の富士経済がペロブスカイト(PSC)、色素増感(DSC)、有機薄膜(OPV)、ヒ化ガリウム(GsAs)といった新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表。2019年の新型・次世代太陽電池の世界市場規模は6億円だが、2030年には4563億円にまで拡大すると予測している。(2020/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。