ニュース
» 2010年08月05日 07時41分 UPDATE

Google、Waveの開発を中止

2009年の開発者会議で華々しくデビューしたコラボレーションツール「Google Wave」が、期待したほどのユーザーを獲得できなかったとして開発中止になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月4日(現地時間)、リアルタイムコミュニケーションツール「Google Wave」の開発を中止すると発表した。サービスは少なくとも年末までは維持するが、Waveで培った技術は別のプロジェクトに流用するとしている。

 Google Waveは同社が2009年の開発者会議で発表したオンラインコラボレーションサービス。ドキュメント編集とチャットを1つの「wave」で同時に行えるなど、ユニークなコンセプトで注目を集めていた。2009年9月から一般ユーザー向け招待を開始し、2010年の開発者会議で一般公開したばかりだ。

 Googleは開発中止の理由を「さまざまな使用事例はこの技術の可能性を示していたし、サードパーティーがツールやロボットを開発できるようにもした。また、多くのファンも獲得したが、期待したほどにはユーザーに受け入れられなかった」と説明している。

 Waveのコードやプロトコルはオープンソースで公開しているので、ユーザーやパートナー開発者は独自のサービスを継続できるとしている。また、ユーザーがWave上のコンテンツをほかのサービスに移行させるためのツールを準備しているという。

 Waveを推進していた開発チームは新たなプロジェクトに取り組む。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -