ニュース
» 2010年09月08日 17時05分 UPDATE

Nike、iPhone向けジョギングアプリ「Nike+ GPS」リリース

iPhoneアプリ「Nike+ GPS」はGPSや加速度計を使って、ジョギングの距離や時間を記録したり、地図上に走ったルートを描く。

[ITmedia]

 米Nikeは9月7日、iPhone向けのジョギングアプリ「Nike+ GPS」をリリースした。App Storeから230円でダウンロードできる。

ah_nike1.jpgah_nike2.jpgah_nike3.jpg

 このアプリはiPhoneのGPSと加速度計を利用して、ランナーのペースや走行距離、時間、消費カロリーなどを記録する。GPS信号が利用できない場合でも、加速度計を使ってこれらのデータを記録できるという。これまで提供されていたジョギングアプリ「Nike + iPod」ではシューズに専用センサーをつける必要があったが、Nike+ GPSでは不要だ。

 Nike+ GPSにはGPSを使って走ったルートを地図上に描く機能もあり、走行中に画面をタップすると、地図上で自分の現在地を見ることができる。Nike+ GPSコミュニティーサイトNike+やTwitter、Facebookで走行データを友人と共有したり、設定した目標を達成したらアスリートや有名人からメッセージを受け取れる機能なども備えている。

 Nike+ GPSはiPhoneとiPodに対応する(iOS 4.0以降が必要)が、iPod touchでは加速度計のみ利用できる。

関連キーワード

ナイキ | GPS | iPod | iPhone | 地図 | iOS 4 | iPod touch | ジョギング


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -