ニュース
» 2010年10月01日 07時00分 UPDATE

開発に5年 米からパン作れる「GOPAN」誕生の裏側

「非常に苦労しました」――米粒からパンを作れるホームベーカリー「GOPAN」を商品化するまでの経緯を担当者が明かした。

[宮本真希,ITmedia]
画像 イメージキャラクターの江角マキコさんと滝口隆久副統括部長

 「非常に苦労しました」――世界で初めて米粒からパンを作れる機能を備えたホームベーカリー「GOPAN」(ゴパン)は、三洋電機が5年間かけて開発した製品だ。9月30日に開いたGOPANのプロモーション展開発表会で、同社の担当者が商品化までの道のりを語った。

 GOPANは、米粒を水にひたしてやわらかくした上で、粉砕・ペースト化。こねて発酵させ、焼成してパンを作る。7月の発表直後から話題になり、発表後5日間の商品サイトとニュースリリースページへのアクセス数は過去最多を記録したという。

 発表後2カ月間で寄せられた問い合わせ件数は850件。当初予定以上の数量の確保を迫られ、発売日を1カ月先の11月11日に延期したほどだ。GOPANの味を体験できる「GOPAN cafe」(9月30日で終了)でも評判は上々だったという。

画像 卵サンド(左)にしても、梅干をトッピング(右)してもおいしい

 同社はこれまで、米粉からパンを作る「米粉ベーカリー」を販売してきたが、米粉は流通量が少ない上、比較的高価。「米粉より手ごろな米粒を使ってパンを作りたい」といった声が寄せられていたため、GOPANの開発に取り組んだ。だが「商品化は非常に苦労した」と、同社家電事業部の滝口隆久さん(製造統括部 副統括部長)は振り返る。

 当初は、米粒を砕き、パンの原料となる米粉を作る仕組みで開発を進めていた。米の硬さに負けない刃物も研究。セラミック素材の刃物を使って米粒から米粉を作り、パンを焼いたところ、生地にセラミックの粉末も混ざってしまい、ジャリジャリした――という失敗もあったという。

 3年間試行錯誤した後、米粒を砕く方法は断念。炊飯器を製造してきた経験から、米粒を水にひたしてペースト化する仕組みを考案して方針を転換。2年間かけてようやく商品化にこぎつけた。「おいしさにもこだわっている」と、滝口さんは胸を張る。

画像

 発売に向け、プロモーションを強化していく。イメージキャラクターに女優の江角マキコさんを起用し、10月2日からテレビCMを展開する。GOPANで作った米パンを試食できるイベントを10月8日から11月11日まで毎日、調理用品を販売する「クオカショップ自由が丘」(東京都目黒区)で開催。11月末には「クックパッド」で、米パンを使ったレシピを募集するコンテストも行う予定だ。

 発表会には江角さんも登場した。「パンにはこだわっているほう」という江角さんは、GOPANの米パンを「目からうろこのおいしさ。とにかくびっくり」と絶賛。「これまでにホームベーカリーを買ってしまった人は残念だなという感じ。これからは迷わずGOPAN」と猛プッシュした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -