ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロモーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

SEVENTEENの「THE CITY」 HYBE JAPANトップに聞く新時代のプロモーション
BTSやLE SSERAFIMなどのスターを輩出し続けるエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業HYBE。同社がグローバルに展開しているユニークな公演ビジネスモデルが「THE CITY」だ。同社の日本本社HYBE JAPANのハン・ヒョンロックCEOに戦略を聞いた。(2024/2/16)

「今までにない製品」の魅力を正しく伝えるために:
PR:ASUSが超小型ゲーミングPC「ROG Ally」新規展開のプロモーションにAmazon Adsを選んだ理由
ポータブルゲーム機であり超小型PCでもあるという新機軸の製品「ROG Ally」を展開するに当たり、ASUS JAPANがオンラインプロモーションのためのパートナーとしてAmazonが提供する広告ソリューション「Amazon Ads」を選択したのは何故か。担当者に話を聞いた。(2023/12/19)

アニメ「鬼滅の刃」新シリーズ、12月10日にプロモーション動画をプレミア配信 その後「鬼滅テレビ」も
アニメ「鬼滅の刃」の新シーズン「柱稽古編」に関する最新情報を詰め込んだ動画「プロモーションリール2024」が12月10日にYouTubeなどで公開される。(2023/11/29)

「30歳以上に牛乳が良い理由」などのプロモ投稿に注意 X(Twitter)にサポート詐欺サイトに誘導する広告が出回る
お茶や牛乳、コーヒーなどと健康に関連した情報を装ったプロモーション投稿で、サポート詐欺サイトに誘導しています。(2023/11/9)

「Meta Marketing Summit Japan 2023 」レポート:
花王「瞬感ミストUV」の大ヒットにつながったクリエイターマーケティング戦略
テレビ主体のマーケティングからSNSへのシフトを強める花王。「SNS売れ」で大ヒット商品となった日焼け止めミストのプロモーションチームにおけるInstagram活用取り組みを紹介する。(2023/11/1)

打首獄門同好会、新曲リリースも“縛り強すぎ”で1回しか演奏できず 「プロモーションは大いに敗北いたしました」
ズルを入れると2回演奏しています。(2023/10/7)

「Xperia 5 V」のターゲットは“若者” スペックよりも体験を伝える手法とは
ソニーは9月20日、スマートフォン「Xperia 5 V」の国内における販路を発表した。NTTドコモ、KDDI、楽天モバイル、ソニーストアが取り扱う。同日の説明会でソニーがXperia 5 Vのプロモーションに「NiziU」を起用した狙いなどが語られた。(2023/9/20)

“メカ平野レミ” と平野レミが対面 ChatGPT搭載ロボ登場 本人そっくりのAI音声で会話
森永乳業が、料理研究家の平野レミさんを模したロボット「AI平野レミロイド」を公開した。新製品のプロモーションに加え「試食会などの販促や営業・商談の場でロボットが活躍する可能性を見越し、プロトタイプとして開発した」という。(2023/9/20)

ジブリ新作「君たちはどう生きるか」、予告映像が初公開 海外向けプロモーションで
スタジオジブリ制作の新作映画「君たちはどう生きるか」の映像が9月7日に初公開された。12月に控える同作の海外公開に向けて公開した予告映像。(2023/9/7)

povo2.0特設サイトで「Pixel 7/7 Pro」25%割引コード配布 約2万〜3万円引きに
KDDIは、povo2.0の特設サイトで「Pixel 7/7 Pro」が25%割引になるGoogleストアのプロモーションコードを配布。エントリーしてpovo2.0へ新規/MNPで加入すると、データが3日間使い放題になるキャンペーンコードを配布する。(2023/8/24)

映画「バービー」、日本は公開3日間で興収1.9億円スタート 公開前にプロモーションめぐり物議
ワーナー・ブラザースは、8月11日に公開した映画「バービー」の週末3日間の興行収入が1億9093万9600円だったと発表した。興行通信社の週末映画ランキング(11〜13日)では8位だった。(2023/8/14)

Marketing Dive:
サッカー女子W杯動画をTikTokで流すのは、なぁぜなぁぜ? FIFAが提携した納得の理由
TikTokとFIFAが提携し、女子サッカーワールドカップ関連コンテンツをTikTokで配信している。FIFAがプロモーション先としてTikTokを選んだ理由は?(2023/8/7)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
メタバース&XRをまだ諦めない 有名百貨店やインフルエンサーが見せる本気の取り組み
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、DNPのメタバースとTikTokを連動させたプロモーションなどに注目。(2023/8/4)

サントリー、生成AIで「C.C.レモン」を擬人化 期間限定でプロモーションに利用
サントリー食品インターナショナルは、炭酸飲料「C.C.レモン」を擬人化したキャラクターを生成AIで制作したと発表した。利用した画像生成AIサービスは明かしていない。(2023/7/27)

2023年中国年中商戦「618」徹底解説【後編】:
「SNSとECの連携」「ライブコマース」が鍵 618に学ぶ中国市場向けプロモーションのヒント
訪日中国人によるインバウンド消費の本格的な復活を目前に、対中国の事業戦略に役立つヒントをエキスパートが語った。後編のテーマは「インバウンド本格復活に向けて知っておきたい中国ECプロモーションの実態」。(2023/7/27)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
事前の宣伝一切なし「君たちはどう生きるか」の興行収入はどうなる? 3つの生成AIが予測
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「『君たちはどう生きるか』のプロモーションについて」です。(2023/7/22)

電車やバスからまつげが生えた? メイベリンのプロモーション映像がすごいインパクトで100万超いいね
巨大まつげが出現?(2023/7/13)

新商品:
「フラッペにポテトを突っ込む」 マクドナルド、新CM演出の狙いとは
日本マクドナルドは「オレオ クッキー チョコフラッペ」「マンゴースムージー」「マカロン」を7月5日から提供する。全国2000店舗以上のマクドナルド店舗に展開し、カフェ利用ニーズに応える商品力を強化する姿勢だ。同社マーケティング本部の亀井理華部長に、商品展開やプロモーションの狙いを聞いた。(2023/6/29)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
訪日インバウンド完全復活の皮算用
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、インバウンドプロモーションサービス他、3つのトピックスに注目する。(2023/6/9)

povo2.0で300MBもらえる プロモコード無料配布
KDDIがオンライン専用プラン「povo 2.0」向けプロモーションコードを配布。300MB(有効期限3日間)の通信容量が使える。(2023/4/27)

入力期限は5月9日まで:
povo2.0で利用できる「300MB(3日間)」のプロモーションコード配布中 「SNS+動画データ使い放題(7日間)」の登場記念
povo2.0において期間限定のトッピング「SNS+動画データ使い放題(7日間)」が登場したことを受けて、povoの公式Twitterアカウントが「300MB(3日間)」の無料トッピングを配布している。ツイートに記載されているプロモコードを5月9日までにpovo2.0アプリへと入力することで適用可能だ。(2023/4/26)

支店長に聞いた:
池袋駅構内「売らない店舗」に1日2000人来店 東武トップツアーズの狙いは
東武トップツアーズ(東京都墨田区)は、リアルとデジタルを融合した「AZLM TOBU池袋店」をオープン。日本各地のモノ・サービス・体験を発信する「地方創生をテーマにしたプロモーション特化型店舗」として展開。AZLM TOBU池袋店の責任者である持田大裕支店長に狙いを聞いた。(2023/4/26)

東証が今後審査:
「にじさんじ」プロモ好調 営業利益77億→92億円に上方修正 プライム市場へ変更申請
東証グロース上場でVTuber(バーチャルユーチューバー)事業を展開するANYCOLOR(東京都港区)は3月15日、2023年4月期の業績予想について営業利益を従来の77億円から92億円に上方修正すると発表した。同日付でプライム市場への区分変更を申請したことも明らかにした。(2023/3/16)

povo2.0、300GB(180日間)や1GB(30日間)の期間限定トッピング
KDDIは2月22日から、「春のトッピング祭り」として3種の新しいトッピングの提供を期間限定で始める。これに伴い、新規契約時に使えるプロモーションコードを配布する「試験」も実施する。(2023/2/21)

新潟のスキー場に「povoギガだるま」 povo2.0で使えるデータ容量コードを現地で掲示
KDDIは2月13日より、povo2.0で利用できるデータ容量プロモーションコードを2月25日まで新潟県で掲示している。スキー場で配布を行い、同地ではpovoのキャラクターを模した巨大な雪だるまを展示する。(2023/2/14)

グリーンマテリアル2023:
100%植物由来のバイオプラを販促用品向けで展開、高い流動性で成形性に優れる
電通プロモーションプラスは、販促用品向けの食品容器やノベルティを対象に、100%植物由来の材料から成るバイオプラスチック「PLANEO」を展開している。(2023/2/2)

SDGsの取り組みを後押し:
田村淳、前田敦子らがアンバサダー 中小企業を救うプロジェクトの課題
中小企業を助けようという「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」。プロジェクトの参加企業に対し、アンバサダーに就任したタレントの肖像をプロモーションに使用できる肖像権使用形態のビジネスモデルを構築した。山下圭介社長に、現在の課題と今後の戦略を聞く。(2023/1/6)

今日のリサーチ:
成果の出ないマーケティングは社内外のステークホルダーとの連携不全に起因?
BORDERLESS MARKETING COMMUNITYの調査によると、ステークホルダーとの連携が「できていない」「改善すべき点が多い」とする回答は約半数。ステークホルダーとの連携不全がマーケティング・プロモーションの成果を毀損しているとする回答は約6割に上りました。(2022/12/30)

Twitter、他のSNSリンクの投稿禁止を撤回か? 新ポリシーに関するツイートとヘルプページが削除される
Twitterが12月18日(現地時間)に発表した新しいポリシーについて、同社は関連する一連のツイートとヘルプページを削除した。新ポリシーでは、プロモーションを目的にTwitter以外のSNSのアカウントやリンクを投稿することを禁止するとしていた。(2022/12/19)

専門家5人をシェア:
外部のデジタル人材を市町でシェア 他自治体もうらやむ愛媛県のDX施策とは
プロモーションのDXを皮切りに、さまざまなDX施策を推進してきた愛媛県。その動きは県外から自治体DXの先進例として注目を集め、総務省が2022年9月2日に発表した「自治体DX全体手順書【第2.0版】」で、ある取り組みが他の都道府県や市町村のモデルケースとして紹介された。(2022/12/16)

アーニャがいるぞ! ミュージカル「SPY×FAMILY」プロモ初公開に熱狂の声 再現度高めのキャスト陣に「完璧じゃなかろうか」
ロイ様かっこいい……。(2022/12/8)

新宿の3Dビジョンにν(ニュー)ガンダム登場 サザビーとの激戦が「逆襲のシャア」さながら
対戦ゲーム「GUNDAM EVOLUTION」のコンソール版リリース記念プロモーション。「PCだけじゃない!」(2022/12/7)

図書館の「貸出ゼロ特集」話題に 今まで一度も貸し出されていない本を集めたコーナーに「相当やり手な人がプロモしてる」の声
国会図書館で催してほしいです。(2022/11/17)

店舗の人流データ分析機能:
ヤフー・データソリューション、飲食店や小売店向けに「施設来訪者分析」を年内に提供開始
ビッグデータに基づくプロモーションや販促の効率化、競合比較を通した戦略立案などを実現。(2022/10/14)

渋谷スクランブルエアに“メガアーニャ”が登場! 大画面いっぱいに『SPY×FAMILY』10巻を宣伝するアーニャがカワイイ
この他、渋谷駅や新宿駅の地下でもたくさんのプロモーションが展開されています。(2022/10/4)

「少年ジャンプ+」などで:
集英社、『僕のヒーローアカデミア』全258話無料公開 アニメ新シーズンのPR
集英社は「週刊少年ジャンプ」で連載中の『僕のヒーローアカデミア』について、全258話を電子版で無料公開すると発表した。10月1日の同作品のアニメ新シーズン放送開始に合わせたプロモーション活動の一環。同作品の公式Twitterアカウントは「ヒロアカ史上最大の無料公開」と銘打ち、PRしている。(2022/9/29)

SHIBUYA109にチェンソーマンがどでかく登場! コウモリの悪魔との激闘が躍動感あふれてかっこいい
10月11日から始まるアニメのプロモーションです。(2022/9/16)

最悪の場合は退園:
東京ディズニーリゾート内での営利活動禁止に “D系”YouTuberは「個別に対応」
東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・シー)を運営するオリエンタルランドが園内での営利活動を禁止する規則を新たに追加した。動画投稿者とのコラボ企画やマスコミ対応など、同社がプロモーションや広報活動と判断した場合のみ撮影を許可する。(2022/9/8)

導入事例:
高圧電気事故の予兆検知技術が「スマート保安技術カタログ」掲載へ
スマート保安プロモーション委員会は、『高圧絶縁監視機能の導入による高圧地絡停電事故の予兆検知技術(技術区分:IoTセンサー)』について、停電事故の予兆検知に有効な技術であると評価した。(2022/9/6)

人工知能ニュース:
エイシングがエッジAIパートナープログラムを設立、ルネサスやNXPと提携
エイシングは、同社独自のエッジAIパートナープログラムを設立した。組み込みエッジAIの共同プロモーションを展開するもので、ルネサス エレクトロニクスおよびNXPジャパンをパートナー企業に迎えている。(2022/8/16)

「売上の地図」に学ぶ、売上づくりの極意:
第1回 売上づくりに迷走しないために「地図」を持て
売れた理由、そして売れなかった理由は、商品力、価格、配荷力、ブランド力、広告やプロモーション、PR、販売促進、バズ、クチコミ、インフルエンサー、競合の存在や景気と、いろいろありそうだ。何が本当で、何がうそなのだろう?(2022/8/9)

キリンの国産ウイスキー好調 上半期販売数が前年比140%増 特に売れたのは?
キリンビールが販売する国産ウイスキーの販売が好調だ。7月20日までの同社の発表によると、2022年上半期(1月〜6月)の累計販売数が前年比140%増加したという。同社は好調の要因を、製造拠点での設備増強や、SNSを活用したプロモーション戦略が功を奏したためとしている。(2022/7/20)

Marketing Dive:
TikTokが「AR」でも本気出す あのブランドは広告なしで400万再生獲得
エスティローダーとカートゥーン ネットワークがTikTokの新しいARエフェクトを試験的に導入。これにより、後者は有料プロモーションなしで400万ビューを達成した。(2022/7/19)

Apple表参道に巨大恐竜が出現 Apple TV+プロモーション展開
Apple TV+の新番組「太古の地球からよみかえる恐竜たち」プロモーションのために、Apple表参道が恐竜デコに。(2022/5/23)

米津玄師が公開した謎の“砂嵐動画”、スマホをかざすと……? 「シン・ウルトラマン」主題歌のプロモーションが話題
アーティストの米津玄師さんが公開した新曲のプロモーション映像が話題を集めている。一見、白黒のモザイクが砂嵐のように揺れ動くだけの動画だが、スマホのカメラで読み取ると、ミュージックビデオの公開日などが分かる仕組みになっている。(2022/5/12)

povo2.0、データ使い放題のプロモコード配布 「地震でお困りの人がいれば」
3月16日11時半ごろに福島県沖で最大震度6強の地震が発生したことを受け、KDDIが「povo2.0」で使えるプロモーションコードを配布している。専用のスマートフォンアプリに入力することで、24時間データ容量が使い放題になる。(2022/3/17)

酒税法改正に備える:
金麦、累計出荷本数150億本を突破 縮小する新ジャンル缶市場で勝ち抜くための戦略とは
サントリーが金麦ブランドの2022年活動方針を発表した。(1)デザイン(2)製法(3)プロモーション(4)コミュニケーションの4軸を強化する。金麦は2021年に累計出荷本数150億本を突破など好調だ。(2022/3/10)

事業会社の独自メタバース創造を支援:
NFTメタバースのAnifieにブイキューブが出資、日本でサービス展開へ
Anifieはハリウッドの重鎮とタッグを組むスタートアップ企業。日本国内のエンタメ&ファッション領域におけるIP・コンテンツホルダーに対して新しいプロモーションとマネタイズの手法を提供する。(2022/3/10)

中小企業の救世主となるか:
タレントの肖像権ビジネスに商機 中卒だった元自衛隊員が、起業するまでの軌跡
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」は、参加企業に対してアンバサダーに就任したタレントの肖像をプロモーションに使用できる肖像権使用形態のビジネスを立ち上げた。アンバサダーには郷ひろみ、永作博美、市原隼人、滝川クリステルと豪華な面々が名を連ねている。中小企業のチカラの山下佳介社長に今後の勝算を聞いた。(2022/3/5)

Coinbase、スーパーボウルCMが大反響で一時サイトがクラッシュ
暗号資産事業を手掛けるCoinbaseが初めてスーパーボウルCMに参加。CMのQRコードでプロモーションサイトを開くようにしたところ、アクセスが予想以上に殺到してサイトが一時クラッシュした。(2022/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。