ニュース
» 2010年10月01日 18時31分 UPDATE

「アイマス2」署名8500件手渡し求め、ファンが内容証明送付 「キャラ4人育成可能にして」

「アイドルマスター2」のゲーム内容変更を嘆願するネット署名が8500件集まっている。署名を呼び掛けたファンは、ゲームプロデューサーへの署名の手渡しを求る要望書をバンダイナムコゲームスに内容証明郵便で送付したという。

[ITmedia]
画像 Twitterに投稿された、内容証明の封筒の写真

 来春発売予定のXbox 360用ゲーム「アイドルマスター2」(アイマス2)のゲーム内容を変更を求める署名が、署名サイト「署名TV」で10月1日までに約8500件集まった。署名を呼び掛けたファンは、ゲーム制作者への署名の手渡しを求め、開発元のバンダイナムコゲームスに内容証明郵便を送付したという。

 アイマス2は、前作で育成できた人気キャラクター4人(竜宮小町組)が育成できないことや、男性アイドルグループ「ジュピター」が登場すること、シングルCDの歌唱ユニットを決める選抜レースが開催されること、オンライン対戦が廃止されること――などが9月18日に発表され、一部ファンの反発を招いた(「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も)。


画像 内容証明の文書(署名TVより)

 署名では、これらが「ユーザーの要望を無視した非常に不当な判断」だとし、(1)竜宮小町組の育成不可を撤回すること、(2)ジュピターをゲームから外すこと、(3)CD歌唱ユニットを決める選抜レースを撤回すること、(4)オンライン対戦廃止を撤回すること――を求めている。

 署名を呼び掛けた佐藤伸吾さんは9月30日付けで、アイマス2の坂上陽三プロデューサーと石原章弘総合ディレクターに署名を手渡すことを求め、一般書留と内容証明、配達証明でバンダイナムコゲームスに送付。10月7日までの返信を求めている。Twitterアカウント@Vote_for_4girlsで、内容証明で送った封筒の写真などを公表している。

 署名提出に関しては、バンダイナムコゲームスの石川祝男社長と鵜之澤伸副社長、Xbox 360発売元・マイクロソフトの樋口泰行社長、アイマスCD発売元のコロムビアミュージックエンタテインメント原康晴社長にも報告するという。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。