ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「署名活動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「署名活動」に関する情報が集まったページです。

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 他社が慎重姿勢の理由は?
日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。(2024/2/18)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第1回】
「AI製なのかどうか」を人間にはもう見破れない現実
生成AIの活用が急速に広がる一方で、生成したコンテンツの信ぴょう性や、著作権侵害といったリスクに留意する必要がある。「AI製なのかどうか」を見破れないと、どのような問題があるのか。(2024/1/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ジョブズは10年かかったのに……アルトマン氏がOpenAIに“爆速復帰”できたシンプルな理由
「ChatGPT」で知られる米OpenAIの創業者、サム・アルトマン氏が解任されてわずか5日後、同社はアルトマン氏のCEO復帰に向けて方針転換したことを発表した。“追放”された創業者の復帰━━米アップルの故ジョブズ氏は10年かかったが、なぜアルトマン氏は5日で実現できたのか。(2023/11/24)

OpenAIのCEOにサム・アルトマン氏復帰 新たな取締役会も設置
米Microsoftに入社するとの話もありました。(2023/11/22)

三井不動産が作品を無断改変か アーティストが謝罪受け入れ終結へ 「重圧に押し潰されそうな日々だった」……
渋谷駅に直結した「渋谷ヒカリエ 8/CUBE」で開催する「渋谷猫張り子と仲間たち」で作品が展示されます。(2023/11/22)

「署名をUSBメモリで渡す」の是非 “FAX縛り”の取材に見た、国政DXの遅れ
国や企業などに要望を伝えるための署名活動が変化してきている。最近は、署名データをUSBメモリに格納して渡す例も出てきたが、情報漏えいなどのセキュリティリスクも指摘されている。大量の署名を安全に受け渡すにはどうすればいいのか考える。(2023/10/24)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
説明以上に圧倒的に足りていなかった想像力
何かを変えるというのは本当に大変なことです。だからこそ……。(2023/10/19)

「共働き世帯無視」「非現実的」 子どもだけの登下校や留守番は「虐待」 埼玉の条例改定案に5万件超の反対署名集まる
SNS上でも批判の声が殺到。(2023/10/8)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

大好きなお兄ちゃんと一緒に登校したい猫ちゃんが考えた作戦とは…… 袋の中からのぞくドヤ顔に「もう連れていくしかない」
おいもくんのかわいい妨害シリーズです。(2023/10/1)

「インボイス制度」に反対するオンライン署名、賛同が50万筆を突破 Change.org日本版で過去最多に
「インボイス制度を考えるフリーランスの会」が発信する署名に50万筆を超える賛同が集まりました。(2023/9/24)

三井不動産が無断改変したとされるアート作品、覆っていたシートの剥離作業が完了 「カッターナイフと思われる傷」……
2月に被害を訴え、4月に作品が返還されていました。(2023/9/19)

インボイスで荷物届かなくなる? 競馬界にも激震 制度直前、高まる反対熱 「“消費税のネコババ”は誤解だ」
消費税のインボイス制度のスタートが10月1日に迫る中、反対の声が熱を帯びている。インボイスに反対する有志が、が東京・霞ヶ関で記者会見を開き、財務省の担当者などに署名を手渡した。(2023/9/4)

映画「バービー」公式、“原爆ミーム”に「忘れられない夏になる」と反応 謝罪でも批判止まず、日本で再発防止策求めるオンライン署名開始
オンライン署名サイト「Change.org」で署名活動が始まった。(2023/8/3)

いまだにChatGPTの禁止を議論している組織が知っておくべき、AI開発競争の未来
ChatGPTのリリースから半年が経過。AI関連サービスの拡がりや進化している。ただ、生成系AIがあまりに急速に普及した関係で、サービスの倫理や規制の議論が追いついておらず、ネガティブな印象を受けている方も少なくない。(2023/6/30)

東映「相棒」「仮面ライダー」元社員がセクハラ問題で労災申請 60代スタッフが「会いたいです」など執拗な連絡
東映グループでのセクハラ問題には前例がある。(2023/6/22)

OpenAIやDeepMindのCEOやトップ研究者ら、「AIによる人類絶滅リスク」警鐘声明に署名
著名なAI研究者、エンジニア、CEOらが「AIによる絶滅の危険性を軽減することを世界的優先事項にすべき」という声明に署名した。署名者にはヒントン博士、OpenAI、DeepMind、AnthropicのCEOなどがいる。Metaのルカン博士やマスク氏、MicrosoftやAmazon、IBMは署名していない。(2023/5/31)

性被害訴える元ジャニーズJr.の橋田康さん、ジャニーズ事務所社長の謝罪を報告 「長い間嫌な思いをさせてごめんなさい」との内容
謝罪の内容などについては今後何らかの形で伝えるとしています。(2023/5/29)

米バイデン政権、OpenAIなどAI関連4社のCEOを招き「責任あるイノベーション」促す
米バイデン政権は、Google、OpenAI、Microsoft、AnthopicのCEOをホワイトハウスに招集。AI開発に関する「率直で建設的な議論が行われた」としている。(2023/5/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ChatGPT「フル活用」仕事術 「寝ているだけで記事作成」はできるのか
人工知能(AI)の発展は目覚ましく、テック各社はこぞって独自の対話型AIを開発している。ChatGPTの開発停止を求める署名運動を展開したイーロン・マスクも、つい先日「TruthGPT」と呼ばれる対話型AIの開発計画を発表した。生き残りとシェア獲得のために手段も選ばない“仁義なき戦い”が繰り広げられている。(2023/4/28)

OpenAI、「AI の安全性に対する当社のアプローチ」を説明 「年齢確認オプション検討中」
OpenAIが「AIの安全性に対する当社のアプローチ」を説明した。「GPT-4より強力なAIの開発を直ちに停止せよ」という署名運動などを受けたものとみられる。「悪用する方法をすべて予測することはできない」が新しいシステムのリリースは慎重に行っていると主張する。(2023/4/6)

AI開発停止要求署名は無意味、透明性と説明責任の改善を──Hugging Faceのルッチョーニ博士
イーロン・マスク氏などが署名した「GPT-4より強力なシステム開発を停止せよ」という公開書簡について、AI研究者が「非現実的で不必要」と評した。それよりもガイドラインを作成し、透明性と説明責任を改善すべきだと主張する。(2023/4/5)

小寺信良のIT大作戦:
不祥事を起こしたクリエイターの作品は、消えるべきなのか?
クリエイターやアーティストによる不祥事が発覚すると、作品の販売自粛や配信を停止する風潮は根強い。その一方で、昨今では作者本人の罪と作品は切り分けるべきではないかとする考え方も強くなってきている。つまり、作品には罪はないのではないか、ということだ。(2022/12/7)

後藤祐樹、高齢者への乗車マナー違反に不快感 “過去の犯罪歴”批判され「論点違うのでやめた方がいい」
過去に犯罪歴のある後藤さん。(2022/11/16)

元キンプリ岩橋玄樹、注意喚起「憶測だけの意見を言わないで」 戸惑うファンは「全然受け止めきれません」
「今ティアラのみんなは敏感になってます」と、さまざまな声が寄せられています。(2022/11/8)

Androidスマートフォンの“寿命”がiPhoneよりも短い理由
今回はスマートフォンをとりまくOSアップデートの実情、新たな取り組みについて考察する。AndroidスマートフォンのOSアップデートがiPhoneよりも少ない背景には、検証コストやプロセッサのサポート期間がある。そのAndroidスマートフォンでも、OSのアップデート長期化の流れも見え始めている。(2022/10/27)

マイナンバーカード一本化、2024年度秋に保険証廃止目指す 反対署名には開始数時間で4000超集まる
河野大臣が会見で語った3つのポイントとは。(2022/10/13)

Appleのテレワーク廃止論争【前編】
Apple「オフィス勤務義務化」に社員が猛反発 なぜ出社させたがるのか?
オフィスへの出社を義務化しようとするApple経営陣の方針が、従業員の反発を招いている。同社は何を考えているのか。従業員の連帯組織「AppleTogether」の主張は。(2022/9/26)

車両盗難に厳罰化を 「法改正」を求めるネット署名運動に賛同者は1万人以上
すでに1万人以上の賛同者を集めています。(2022/9/13)

この頃、セキュリティ界隈で:
米国が仕掛けたSNSのプロパガンダ戦、スタンフォード大学などの解析で明らかに 偽ニュースにオンライン署名活動も
TwitterとFacebookで削除された不正なアカウントの解析で、フェイクニュースを投稿して世論操作を試みようとするキャンペーンが米国から展開されていたことが明らかになった。(2022/9/6)

Instagramのモッセリ氏、「TikTokになろうとしないで」に「動画が増えるのは必然」と反応
「TikTokになろうとしないで」と批判されているInstagramのトップ、アダム・モッセリ氏がInstagramとTwitterに変化について説明する動画を投稿した。写真は今後もサポートするが、ユーザーが動画にシフトしており、Instagramが変わらなくてもこの流れは続くと語った。(2022/7/27)

飼い主が倒れ救急隊員が到着、男性が苦手な愛猫が…… さっそうと案内してくれた勇敢な姿に感動
頑張ったんだねぇ。(2022/7/22)

自衛隊での性被害を告発した元自衛官22歳 オンライン署名立ち上げ
防衛省、自衛隊員5人を懲戒処分【12月15日17時45分追記】(2022/7/21)

「高校野球の“強制応援”」の撤廃を求める署名が始まる 当事者からの声を受けて日本若者協議会が実施
実態調査のためのアンケートも実施しています。(2022/7/13)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

お母さん食堂への署名活動と「直接の関係はない」:
ファミマ、新PB「ファミマル」を発表 2024年度末までに「PB商品の売上比率を35%以上に」
ファミリーマートは10月18日、新プライベートブランド(PB)「ファミマル」を発表した。「ファミリーマートコレクション」「お母さん食堂」「お母さん食堂プレミアム」を統合することでファミリーマートブランドの認知を高めていく狙いがあるという。(2021/10/18)

docomo×進撃の巨人キャンペーンの「リヴァイ兵長フィギュア」品質不備問題、全額返金の対応へ
購入者に対してアカウント名の変更やフォロー解除、アカウント停止などしないようアナウンスしています。(2021/10/13)

docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
「令和に蘇った邪神像」とも。(2021/10/11)

Apple、児童ポルノ検知機能追加を延期 プライバシー抗議受け
Appleは、8月に発表した児童の性的虐待対策機能のiCloudとiMessageへの追加を延期すると発表した。ユーザーやプライバシー保護団体からのフィードバックを受けての決定。当初は米国で年内追加の予定だった。(2021/9/4)

メルカリ「酸素缶」出品禁止 高額転売続出していた パルスオキシメーターやペットの療法食も
メルカリが「酸素缶」や「パルスオキシメーター」(家庭用)、「犬猫療法食」を出品禁止に。高額転売が目立っており、メディアや関係者に批判されていた。(2021/9/2)

スピン経済の歩き方:
莫大なカネを生む「カジノ」が、日本で“オワコン”になった3つの理由
日本のカジノに逆風が吹いている。菅義偉首相のお膝元で、大本命とされていた「横浜カジノ」が完全消滅しただけでなく、この動きは他の候補地にも広がろうとしている。反カジノ派の声が強くなれば、どうなるのかというと……。(2021/8/31)

ポケモンGO、ジムやポケストップに触れられる距離は半径80mのままに ユーザーの声を受け恒久化
米NianticはポケモンGOでジムやポケストップにアクセスできる距離を半径80mに固定すると発表しました。この距離を巡っては世界中で議論が起きていました。(2021/8/29)

物議をかもすiPhone内の“児童ポルノ画像検知”にAppleがFAQ公開 「メッセージは見ない」「他の写真は検知しない」
Appleが児童性的虐待コンテンツ(CSAM)対策として米国でiOS/iPadOS 15から実施すると発表した新機能が物議を醸している。Appleはそれらの懸念に応えるFAQを公開した。(2021/8/10)

ポケモンGO、米国などでポケストップを回せる距離をコロナ禍前の仕様に戻す 反対署名14万件を無視と波紋
新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、ポケモンGOが一部の国でパンデミック後を見据えた仕様変更を実施し、ユーザーの反発を受けている。(2021/8/3)

アニメ「ザ・シンプソンズ」で再び吹き替え声優変更か 「ファンの気持ち置き去り」「考えられない」と悲鳴上がる
まさかの形で判明した新キャスト起用が物議。(2021/7/9)

問われる企業のモラル:
愛知県知事リコール署名の不正はなぜ防げなかったのか? 受託者側から見る、問題の病巣
問題となっている愛知県知事リコール。不正の責任は受託者側にもあると筆者は指摘する。(2021/5/13)

SNSで指摘:
“署名偽造”バイトの求人を掲載か スキマバイトアプリ「タイミー」運営会社が声明を発表
愛知県知事のリコール運動で集められた署名の中に、偽造が疑われるものがあったと報道されている。また、スキマバイトアプリ「タイミー」に、署名を偽造するバイトの求人が掲載されていたとの指摘がある。運営会社がこうした報道や指摘を受けて声明を発表した。(2021/2/17)

20代総合職の3割が「過労死ライン」超え:
「テレワーク7割」どころか、紙業務・サービス残業が横行の霞が関官僚 「与野党合意」で民間企業の模範となれるか?
政府が要請する「テレワーク7割」だが、そもそも霞が関で働く官僚が達成できていない。それどころか、民間企業未満の過酷な働き方が昨今明らかになっている。その元凶ともいえる国会対応を巡る与野党合意で、民間企業の模範へと変わっていけるのだろうか。(2021/2/10)

欧州の大使館が「沈黙してはいけない」とTwitter投稿 男女平等訴え、森氏の発言に抗議
「#dontbesilent(沈黙してはいけない)」「#男女平等」「#genderequality(男女平等)」のハッシュタグでドイツなど欧州各国の大使館が抗議しています。(2021/2/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。