ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイドルマスター2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイドルマスター2」に関する情報が集まったページです。

ねっと用語知ったかぶり:
当事者の説明不足が原因? 炎上を引き起こしかねない「声優の盾」とは
最近Twitterでも話題になりました。(2017/10/22)

アイマスクラスタ感涙! 「アイドルマスター 全アイドル名鑑(仮)」が3月に発売決定
アイマス10周年記念書籍。アイマスシリーズに登場するすべてのアイドルを網羅。(2016/1/29)

元「アイマス」声優・友利花さん 萩原雪歩役の降板は「当時のマネージャーが申し入れた」
5年越しで語られる事実……!(2015/11/2)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

モバマス、グリマスの次は……男性アイドルが主役のソーシャルゲーム「アイドルマスター SideM」発表
元自衛官や元サッカー選手などさまざまな職種から転向してくる男性アイドルを育成しよう。(2014/2/24)

GMOのフル3DCGショートアニメ「超亜空間防壁チーズ・ナポリタン」が本気すぎる
勢いでコミケでオリジナルDVDを配布。(2013/12/24)

765プロ全員集合 「THE IDOLM@STER 2」ノートPC
プロデューサーさん、アイマスPCですよ、アイマスPC!(2012/7/2)

ソーシャルゲームのすごい仕組み(2):
ソーシャルゲームにはどんなものがあるのか?
コンプガチャ問題で揺れるソーシャルゲーム業界。しかし、ひと口にソーシャルゲームといっても、そのジャンルや課金のポイントは多様だ。どんなソーシャルゲームがあるのか紹介していこう。(2012/5/14)

2011ネットの風景:
もの言う人々
「まったく盛り上がらない」「最悪」──Amazon.co.jpの「機動戦士ガンダムAGE」BD版の販売ページには、同作品を酷評するレビューがあふれている。(2011/12/29)

週間ゲームソフト販売ランキング:
「アイドルマスター2」売れてます
PSP「ファイナルファンタジー 零式」がランキングトップの2011年10月24日〜10月30日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。今週は新作率高し。(2011/11/4)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
名人、親指立ってます
水口哲也氏も来訪した最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2011年10月7日放送分は、「Child of Eden」「The Gunstringer」「TENKI」を紹介。(2011/10/11)

Amazonレビューが企業への不満表明の場に 今度はサントリー製品
サントリーがWebサイトで「日本海」と「東海」を併記し、同社が謝罪した問題で、Amazonで販売されている同社製品に対し酷評レビューが投稿され始めている。(2011/8/19)

週間ゲームソフト販売ランキング:
マルチで展開
「実況パワフルプロ野球2011」がPS3とPSP合わせて約19万本と、さすがの貫禄で発売初週を迎えております。(2011/7/21)

週間ソフト販売ランキング:
3DS発売――ソフト販売ランキングで見る3DS
2月26日に発売されたニンテンドー3DS対応タイトルがランクイン。シリーズものも健闘し、ほぼ総入れ替えとなっております。(2011/3/3)

ステージをプロデュースできる!! 「アイマス2」新ムービーを配信
(2011/2/10)

アイドルたちが地獄の特訓!? 「アイマス2」のレッスンと衣装替えを掘り下げる
(2011/1/31)

「アイドルマスター2」本体同時購入プレゼントキャンペーン実施
Xbox 360と「アイドルマスター2」を同時購入すると、特製USBメモリとダウンロードカードをプレゼント。(2011/1/12)

新曲中心の3時間! 「アイドルマスター」の新春ライブをいち早くレポート!!
(2011/1/11)

Weekly Access Top10:
ITちゃんに負けないぞ! 第6の刺客「ライブガイ」
ITmediaが送り込む、第6の刺客「ライブガイ」だゲホッ!(2010/10/4)

「アイマス2」署名8500件手渡し求め、ファンが内容証明送付 「キャラ4人育成可能にして」
「アイドルマスター2」のゲーム内容変更を嘆願するネット署名が8500件集まっている。署名を呼び掛けたファンは、ゲームプロデューサーへの署名の手渡しを求る要望書をバンダイナムコゲームスに内容証明郵便で送付したという。(2010/10/1)

Weekly Access Top10:
「脳内カップル・プロジェクト」が気になる
人と人はどこで気が合うのだろうか――「脳内カップル・プロジェクト」という謎のイベントが気になっている。(2010/9/27)

ねとらぼ:
「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も
ゲームショウで発表された「アイマス2」の内容に、一部のファンががっかりしているようで、Amazonに酷評レビューが殺到。ニコ動には落胆を表現するMAD動画が投稿され、支持を集めている。(2010/9/21)

TGS2010:
過去最高の動員を誇る「東京ゲームショウ2010」閉幕――パブリックデーは足の踏み場もなし
幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウが9月19日閉幕。過去最高の20万7647人の来場者を動員した。(2010/9/19)

日々是遊戯:
「TGS 2010」はコレを見ろ! パブリックデーの注目タイトルTOP5
「TGS 2010」も明日からはいよいよパブリックデー! というわけで今年も、個人的な注目タイトル予報をお届けしてみます。(2010/9/17)

東京ゲームショウ2010:
「東京ゲームショウ2010」に参加する前に知っておきたい20のこと
いよいよ明日より幕張メッセで開幕する東京ゲームショウ2010について、見どころ含めてまとめてみました。準備は万端。あとはどう楽しむかですよ!(2010/9/15)

マイクロソフトブース、出展タイトルを発表――「TGS2010」出展ブース情報
いよいよ今週の木曜日から千葉・幕張メッセでスタートする「東京ゲームショウ2010(TGS2010)」。13日には、Xbox 360を擁するマイクロソフトブースの出展タイトルが明らかになった。また、セガブースでは「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」×「カロリーメイト」コラボ企画についての追加情報が発表された。(2010/9/14)

バンダイナムコゲームスの出展タイトルや各ブースのイベントスケジュールが明らかに――「TGS2010」出展ブース情報
来週半ばから始まるということで、「東京ゲームショウ2020(TGS2010)」の各ブース内イベントについてもその詳細が続々と明らかになってきている。(2010/9/10)

Xbox 360 Media Briefing 2010(詳細版):
「FF XIII」から「Kinect」まで、怒濤のラインアップが発表された「Xbox 360 Media Briefing 2010」リポート
9月8日、マイクロソフトは発表会「Xbox 360 Media Briefing 2010」を開催。年末商戦に向けたXbox 360のラインアップや新サービスが発表された。その模様を詳細にお届けする。(2010/9/9)

Xbox 360 Media Briefing 2010(速報版):
「Kinect」11月20日発売決定――Xbox LIVEで「Zune」国内サービス提供へ
同日発売タイトルが6タイトル出そろう「Kinect」の発売日が発表。Xbox 360 Media Briefing 2010では、「FINAL FANTASY XIII」Xbox 360版や「Mass Effect 2」の国内発売決定、動画配信サービス「Zune」ビデオの国内展開の報告も!(2010/9/8)

今度のアイマスは“アイドルユニット”に焦点をあてる:
新765プロの営業開始に向け、あなたのプロデューサー人生もリスタート――「アイドルマスター2」
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360用国民的アイドルユニットプロデュースシリーズ最新作「アイドルマスター2」を2011年春に発売する。(2010/8/6)

アイドル達との5年の思い出が凝縮! そして次なる舞台へ「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」ライブリポート
7月3日&4日、アーケードゲームとして稼働以来5年目を迎えるゲーム「THE IDOLM@STER」(以下、アイマス)シリーズのこれまでと、そしてこれからを祝福するイベントが開催された。その内、2dayイベントの初日となる3日のライブリポートをお届けしよう。(2010/8/2)

日々是遊戯:
制作期間1年以上! 「アイマスMAD」の常識を覆した動画「3A07」がスゴい
「ニコニコ動画」で先日公開された、「3A07 〜Memories are here〜」なる動画が話題となっています。一見よくある「アイマスMAD」かと思いきや……。(2009/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。