ニュース
» 2010年10月05日 09時20分 UPDATE

Twitterが新たな広告サービス 「おすすめユーザー」に広告主のアカウント

Twitterの新たな広告サービス「Promoted Accounts」では、「おすすめユーザー」欄に広告主のアカウントを表示する。

[ITmedia]

 Twitterは10月4日、新たな広告サービス「Promoted Accounts」を立ち上げた。広告主のアカウントをおすすめユーザーとして表示する。

ah_pa.jpg

 Promoted Accountsは、ユーザーが関心を持ちそうなアカウントを推薦する「おすすめユーザー」機能の一部として組み込まれる。ユーザーが誰をフォローしているかに基づいて、Promoted Accountsに参加している広告主のアカウントを「おすすめユーザー」欄に表示する。例えば、ゲーム関連のアカウントをフォローしているユーザーに、@xboxをお勧めするといったように。広告主のアカウントには、「Promoted」のマークが付けられる。

 Promoted Accountsは今週から開始されるが、初めは少数の企業と実験的に導入するため表示されないこともあるという。またユーザーが関心を持ちそうな広告主アカウントがない場合も、Promoted Accountsは表示されない。

 またTwitterは、これまでに導入した広告サービス「Promoted Tweets」「Promoted Trends」をTwitter.comだけでなくサードパーティーのクライアントにも拡大した。4日からHootSuiteでテストを行うという。

関連キーワード

広告 | Twitter | Promoted Tweets | 宣伝 | マネタイズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -