ニュース
» 2010年10月14日 16時43分 UPDATE

ウィルコム、ソフトバンクの完全子会社に 現行PHS集中で再建目指す

ウィルコムは、ソフトバンクによる完全子会社化などを骨子とした更生計画案を提出。XGPは切り離し、現行PHSに集中して再建を目指す。

[ITmedia]

 会社更生手続き中のウィルコムは10月14日、ソフトバンクによる完全子会社化などを骨子とした更生計画案を東京地裁に提出した。XGP事業を切り離し、ソフトバンク傘下で現行PHSに集中して再建を目指す。

 更生計画案では、計画認可後にウィルコムが同社の発行済み株式・新株予約権の全部を無償取得して消却(100%減資)した上で、再生ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)に対し払い込み総額3億円で新株を発行。ソフトバンクは新株全部を取得する形で完全子会社化し、ソフトバンク取締役・ソフトバンクモバイル副社長の宮内謙氏が代表取締役に就任する。

 XGP事業と、PHS用を含む電柱などの資産と基地局設置場所の借り主権利などは、ソフトバンクとAPなどが出資する新会社に分割。ウィルコムは現行PHSサービスに専念し、負債など合計約410億円を6年間で弁済する計画だ。

関連キーワード

ソフトバンク | ウィルコム | PHS | WILLCOM CORE | 再建


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -