ニュース
» 2010年10月21日 07時41分 UPDATE

Firefoxの更新版がリリース、深刻な脆弱性を解決

「Firefox 3.6.11」では9項目の脆弱性を解決した。このうち5件が重要度「最高」に分類されている。

[ITmedia]

 Mozillaは、Webブラウザの更新版となる「Firefox 3.6.11」を10月19日付でリリースした。

 Mozillaのアドバイザリーによると、Firefox 3.6.11では9項目の脆弱性を解決した。このうち5件が重要度「最高」に分類されている。これら脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されたり、情報が流出したり、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたりする恐れがある。前回の更新に続いてDLL読み込みの脆弱性にも対応し、Linuxに影響する問題を解決した。

 また、旧バージョンのFirefox 3.5でもこれら脆弱性を解決した更新版の3.5.14がリリースされた。ただしMozillaは今年8月でFirefox 3.5のサポート打ち切りを宣言しており、3.6へのアップグレードを強く推奨している。

 今回修正した脆弱性の多くは、ThunderbirdとSeaMonkeyにも影響する。Mozillaは同日リリースしたThunderbird 3.1.5/3.0.9とSeaMonkey 2.0.9でこれら問題を解決している。

関連キーワード

Firefox 3 | Mozilla | 脆弱性


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -