ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年10月21日 15時09分 UPDATE

米Starbucks、店内限定のコンテンツサービス開始

「Starbucks Digital Network」では、店内の無線LAN限定で、地域情報やニュースなどのコンテンツを利用できる。

[ITmedia]

 米Starbucksは10月20日、店内専用のコンテンツサービス「Starbucks Digital Network」を米国で立ち上げた。店内の無線LAN経由でニュースなどのコンテンツを利用できる。

ah_248022_5.jpgah_248020_5.jpg

 このサービスでは、米Yahoo!と協力して、カフェの利用客に地域情報やニュース、音楽や電子書籍などのコンテンツを配信する。米国の約6800店舗で提供する。

 顧客は、Starbucksが運営している無料の店内Wi-Fiネットワークからのみこのサービスにアクセスできる。WSJ.comなど一部の有料サイトを無料で閲覧することも可能だ。PCだけでなく、タブレットやスマートフォンでも利用できる。

関連キーワード

スターバックス | 無料 | Wi-Fi | 無線LAN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.