ニュース
» 2010年10月25日 14時18分 UPDATE

Apple、将来版Mac OS XにJavaを搭載しない可能性

Appleは将来版のMac OS Xに、自社製Javaランタイムを搭載しないかもしれない。

[ITmedia]

 Appleが、将来版のMac OS XでJavaランタイムの搭載をやめる可能性を示唆している。

 同社は10月21日に「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」をリリースした際、「このリリース以降は、Apple製のMac OS X用Javaランタイムは推奨しない」と通達した。「開発者は将来版のMac OS XにApple製のJavaランタイムが搭載されると期待するべきではない」と同社は述べ、Snow LeopardとLeopardのランタイムについてはサポートを継続するとしている。

 つまり、Mac OS X Lionなど今後のバージョンには、AppleのJavaランタイムが搭載されない可能性がある。もしも搭載されなくなった場合、ユーザーがJavaを使うにはサードパーティーのランタイムを入手しなければならない。

 またAppleはAdobeのFlash Playerについて、今後Macにプリインストールしない方針を明らかにしている。ユーザーは自分でAdobeから同ソフトをダウンロードしてインストールすることになる。

関連キーワード

Apple | Java | Mac | Mac OS X | 実行環境


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -