ニュース
» 2010年10月28日 20時21分 UPDATE

孫社長「ノートPCが恥ずかしい時代来る」 ソフトバンクが「4000万回線構想」

「ノートPCを持ち歩くのは恥ずかしい。そんな時代が来る」――ソフトバンクの孫社長はこう話し、ソフトバンクモバイルの回線数を4000万に伸ばす構想を披露した。

[岡田有花,ITmedia]
画像

 「ノートPCを持ち歩くのは恥ずかしい、Netbookは隠さなければならない、極論だが、そんな時代が来る」――ソフトバンクの孫正義社長は10月28日に開いた4〜9月期の決算会見で、iPadなどタブレット端末(スマートパッド)が、PCに代わって急速に普及すると話した。

 今後、スマートフォンやタブレット端末を中心に契約者数を増やし、ソフトバンクモバイルの回線数を現在の約2400万から4000万まで伸ばす構想を披露。今後10年以内、「201X年」中に達成したいという。

「最近、PCに触っていない」

 孫社長は最近、「PCに触らないと決め、実行している」という。PC代わりに使っているのはiPadとiPhone。普段はタッチパネルのみで操作し、長文を書く必要がある時のみ外付けキーボードを接続。iOSのシンク作業も「秘書にやらせている」という。

 「ほぼ毎日PCに触れていたこれまでのライフスタイルでは考えられないことだが、はるかに快適になり、生産性が上がった。これが多くの人にとって一般的になる時代が必ず来る」

 「スマートパッドは、ビジネスパーソン1人1台の時代が必ず来ると信じている。デスクトップ比率は減り、ノートもNetbookも減り、スマートパッドに置き換わる」。そんな時代にソフトバンクは「スマートパッドでナンバーワンを取りたい」。

 ソフトバンクモバイルなどグループの通信系3社では、iPhone、iPad普及率が「100%」という。「わたしはIP原理主義者だ。モバイルインターネットを全社員が率先して一丸となって推進している。そういった企業カルチャーは一朝一夕にはできず、これが他社との一番大きな差」

画像

 iPhoneは現在、女性ユーザーが4割近いといい、「もはやマニアの商品ではない。新しい文化、ライフスタイルとして定着しつつある」。今後はAndroid端末を拡充するなど、iPhone以外のスマートフォンも拡大。スマートパッド、スマートフォンを中心に契約者数を伸ばし、4000万ユーザーを狙う。「ソフトバンクは今後も勝ち続けるのか? 答えは、やりましょう」

 ソフトバンクグループの4〜9月期の連結業績は、「ひと言で言うと順調」。iPad/iPhoneユーザー拡大で、ユーザー数とデータARPUが伸び、売上高・利益とも過去最高を更新した。売上高は前年同期比9%増の1兆4650億円、営業利益は37%増の3155億円、経常利益は46%増の2538億円、純利益は9%増の768億円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -