ニュース
» 2010年11月16日 15時15分 UPDATE

Microsoft、ゲームにソーシャル要素加える「Game Hub」導入

Microsoft Game HubはFacebookあるいはWindows LiveのIDでログインし、友人にゲームで挑戦するといったことができる。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月15日、カジュアルゲームにソーシャルな要素を取り入れる機能「Microsoft Game Hub」を立ち上げた。

 この機能は、カジュアルゲームポータル「MSN Games」、Bing Games、Windows Live Messengerに組み込まれる。Game Hubはこれら3つのゲームサービスをつなぐもので、ユーザーはどのサービスからでも、お気に入りのゲームや履歴、スコアを確認できる。この機能にはFacebookあるいはWindows LiveのIDでログインでき、FacebookやWindows Liveサービス上の友人のアップデートを閲覧したり、友人にゲームで挑戦するといったことができる。

ah_gamehub.jpg ゲームをしながら友人のアップデートを見ることができる

 これと併せ、MicrosoftはMSN Gamesを刷新した。新たなサイトではゲームのほかエンターテイメントニュースも提供し、ユーザーはWindows LiveやFacebookの友だちとスコアを競うことなどができる。同社はFacebookにソーシャルゲームを提供している企業CrowdStarとも提携した。

 これとは別に、同社はPCゲーム配信ストア「Games for Windows Marketplace」もオープンした。このサイトでは「Call of Duty」「Fallout」などの人気ゲームをダウンロード販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -