ニュース
» 2010年12月10日 15時32分 UPDATE

GALAPAGOSをコンビニでも 購入申込書、2万店で配布

シャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」は量販店に加え、全国のコンビニで購入申込書を配って販促。「コンビニで買える紙の書籍と同じように、広く一般の人に知ってもらえれば」と期待する。

[宮本真希,ITmedia]
画像 GALAPAGOSを展示した、ファミリーマート・サンシャイン南店。サークルKサンクス品川シーサイド店(品川区東品川)とローソン四谷左門町店(新宿区左門町)でも展示している

 シャープは12月10日、電子書籍端末「GALAPAGOS」を発売した。量販店に加え、全国のコンビニエンスストア2万3758店舗でパンフレット兼購入申込書の配布を開始。都内のコンビニ3店舗では10日限定で、実機を展示するイベントも実施し、「コンビニで買える紙の書籍と同じように、広く一般の人に知ってもらえれば」と期待する。

 GALAPAGOSは、店頭で買って持ち帰ることはできず、申込書を郵送するか、ネットから注文する仕組み。申込書は量販店のほか、サークルK・サンクス(6256店)、スリーエフ(682店)、ファミリーマート(8015店)、ローソン(8805店)で受け取れる。

 都内のコンビニ3店舗では、実機を展示するイベントも実施。画面サイズが10.8型の「ホームモデル」と5.5型の「モバイルモデル」の2種類両方を自由に触って体験できるようになっている。イベントは10日限りだが、今後もコンビニに実機を展示することを検討しているという。


画像 店内に申込書が並んでいる
画像 新井副本部長
画像 店頭で申込書を配布して販促

 3店舗のうちの1店、ファミリーマート・サンシャイン南店(豊島区東池袋)には、同社ネットワークサービス事業推進本部の新井優司副本部長が現れ、「街の本屋やコンビニで気軽に買える紙の書籍と同じように、広く一般の人に知ってもらえれば」とコンビニで販促する狙いを語った。

 GALAPAGOSは3日から予約を受け付けており、「出だしは順調。ネットからの注文が多いようだ」と新井部長は話していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -