ニュース
» 2010年12月20日 07時47分 UPDATE

Photoshopの更新版が公開、脆弱性に対処

Adobe Photoshop CS5の更新版ではWindowsのライブラリ読み込みの脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは12月17日付で画像編集ソフト「Adobe Photoshop CS5」のセキュリティアップデートをリリースし、Windowsのライブラリ読み込みの脆弱性に対処した。

 同社のセキュリティ情報によると、脆弱性はWindows向けのAdobe Photoshop CS5 12.0.1までのバージョンに存在する。問題を悪用された場合、攻撃者がユーザーをだましてリモートのWebDAVまたはSMBで共有されているファイルを開かせることにより、任意のライブラリをロードできてしまう恐れがある。

 緊急度は4段階で上から2番目に高い「重要」となっている。この問題を解決した更新版は、Photoshop画面の「ヘルプ」メニューから、またはAdobeのダウンロードサイト経由で提供している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -