ニュース
» 2010年12月20日 19時07分 UPDATE

クリプトン管理のVOCALOID曲ネット配信、非営利なら著作権料免除 JRCと協力

クリプトンが管理するVOCALOID曲のネット上での利用について、非営利目的の場合は著作権使用料を免除する取り組みがスタートした。

[ITmedia]

 「初音ミク」開発元のクリプトン・フューチャー・メディアと、音楽著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)は12月20日、クリプトンが管理する楽曲のインターネット上での利用(インタラクティブ配信)について、非営利目的の場合は著作権使用料を免除する取り組みを始めたと発表した。

 クリプトンはVOCALOIDクリエイターを対象にした音楽出版事業をこのほどスタート。クリエイター自身による楽曲の幅広い利用を可能にすると同時に、カラオケや放送などで楽曲が利用された際に発生する著作権使用を著作権管理事業者から受け取り、クリエイターに分配する仕組みを築いている(クリプトン、VOCALOIDクリエイター向け音楽出版事業を開始 自由な利用と対価の両立目指す)。

 新たに、楽曲のネット配信についても、クリエイターによる柔軟な利用と対価の徴収を両立させる仕組みを構築した。楽曲の著作権管理をJRCに委託。非営利の場合は著作権料を免除、営利目的の場合はJRCが著作権料を徴収し、クリプトンがクリエイターに分配する。営利目的の場合、楽曲がいつ、どこで誰に利用され、いくら徴収されたかという詳細なリポートも可能という。

 楽曲が商用利用された実績のある人を対象に、著作権管理を希望するクリエイターを広く迎える。詳細の質問はメール(piapro@crypton.co.jp)などで受け付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -