ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年02月09日 07時44分 UPDATE

IBM、10ペタFLOPSのBlue Gene/Qを米アルゴンヌ国立研究所に納入へ

IBMが次世代スーパーコンピュータシステムBlue Gene/Qを米国立研究所に納入する。「Mira」と名付けられた同システムは2012年の完成時に10ペタFLOPSの性能を実現するという。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 mira Blue Gene/Q

 米IBMは2月8日(現地時間)、同社の次世代スーパーコンピュータシステムBlue Gene/Qを、米エネルギー省アルゴンヌ国立研究所に納入すると発表した。

 「Mira」と名付けられたこのシステムは75万個のプロセッサコアを搭載し、2012年の完成時には10P(ペタ)FLOPS(1秒間で1京回の浮動小数点演算)の性能を実現するという。

 昨年11月に発表された世界最速コンピュータランキング「Top500」のトップは中国のスーパーコンピュータ「天河一号A(Tianhe-1A)」で、ベンチマークスコアは2.57PFLOPSだった。IBMのシステムとしてはロスアラモス国立研究所の「Roadrunner」が7位に入っている。

 アルゴンヌ国立研究所では、Miraを電気自動車向け超高効率バッテリーの設計や地球の気候変化などの研究で利用する計画。同研究所ではBlue Gene/P「Intrepid」が稼働しているが、MiraはIntrepidの20倍の速さになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.