ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BlueGene」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BlueGene」に関する情報が集まったページです。

第4次産業革命基礎解説:
乗るしかない、この第4次産業革命というビッグウエーブに
本稿では、第4次産業革命という言葉の持つ意味、第4次産業革命を推し進める「デジタライゼーション」と「デジタルツイン」、第4次産業革命で重要な役割を果たす世代、そして第4次産業革命において日本の持つ可能性などについて解説する。(2018/4/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代データセンターのためのプロセッサ選定
次にデータセンターを刷新する際は、代替チップアーキテクチャを取り入れる必要がある。その理由について解説する。(2015/3/27)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能ランキングは中国「天河2号」がトップ、「京」は4位
スーパーコンピュータ(スパコン)の処理性能ランキングが発表された。トップは「天河2号」で、「京」は4位だった。また、スイスの「Piz Daint」が6位に入り、欧州勢の中でトップとなる性能を達成している。(2013/11/21)

IBM IT Leaders' Vision 2013 Report:
プログラムで動く時代から自立的に認知する時代へ── IT革新がビジネスにもたらす新たな価値
未来に挑戦し続けるIBM研究所が、今取り組んでいるテクノロジーとは?(2013/9/13)

若手起業家の素顔:
Hadoopとの出会いが転機に〜トレジャーデータCTO 太田一樹氏インタビュー
米トレジャーデータのCTOを務める太田一樹氏にインタビューする機会を得た。プログラミングを始めたきっかけや、Hadoopとの出会い、起業についてなど、28歳の若手起業家の素顔に迫った。(2013/7/9)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能1位は中国の「天河2号」、日本の「京」は4位
スーパーコンピュータ(スパコン)処理能力ランキング「TOP500」の2013年6月版が発表された。1位を獲得したのは中国の「天河2号」。旧機種「天河1号」は2010年11月版で1位になっているので、中国は2年半ぶりに首位を奪還したことになる。(2013/6/20)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能1位は「Titan」、コプロセッサでは「Xeon Phi」の採用が広がる
2012年11月、スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」が発表された。今回、首位の座を獲得したのは、オークリッジ国立研究所に設置された「Titan」である。また、TOP500のうち7つのシステムで、Intelのコプロセッサ「Xeon Phi」が使われていた。(2012/11/14)

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(前編):
PR:有識者や先進企業が語る、競争優位に立つためのIT基盤構築の勘所とは
グローバル規模で経営環境が目まぐるしく変化する今、日本企業が時代の荒波を乗り越えるために必要な条件とは何か。このたび開催された「システム基盤改革フォーラム」の講演の中からそのヒントを探る。(2012/10/29)

スマートフォンもスパコンになる!(20年前の):
20メガワットエクサスケールは破壊的イノベーションで実現する
HPCで必要なエクサスケースコンピュータでは、消費電力の抑制が必須だ。NVIDIAは、GPUコンピューティングによる“脱CPU依存”がHPCの進化に不可欠と訴える。(2011/11/22)

プロセッサ/マイコン:
なぜ「京」がスパコン1位を獲得できたのか
SPARCプロセッサを採用したことだけが勝因ではない。インターコネクト性能とプロセッサ性能のバランスが良いことが理由だ。TOP500で最も消費電力が大きなスーパーコンピュータでもあるが、エネルギー効率は4位と優れている。(2011/6/21)

IBM、10ペタFLOPSのBlue Gene/Qを米アルゴンヌ国立研究所に納入へ
IBMが次世代スーパーコンピュータシステムBlue Gene/Qを米国立研究所に納入する。「Mira」と名付けられた同システムは2012年の完成時に10ペタFLOPSの性能を実現するという。(2011/2/9)

頭脳放談:
第126回 スパコンの性能は1つの数字では表せない?
中国が1位になって話題の2010年11月版スパコン性能ランキングについて語る。1つの数値で単純化されたランキングに意味はあるのか?(2010/11/29)

スーパーコンピュータの省エネランキング、1位はIBMでTSUBAMEが2位に
性能ランキングで4位を占めた東工大の「TSUBAME 2.0」が、省エネランキングでは2位だった。(2010/11/22)

世界最速スーパーコンピュータ、中国の「天河」に 日本のTSUBAMEは4位
世界最速スーパーコンピュータランキングで、中国の天河一号Aが米国を抑えて1位を獲得。日本勢は東工大の「TSUBAME 2.0」が4位に入った。(2010/11/15)

変革期をリードするIT経営者:
【第5回】ビジネス・インテリジェンス力を高め非連続な変化を先取り
ビジネス・インテリジェンスの領域で近年急速に注目を集め事例が増えているのが、モデル化、最適化を行う情報活用、すなわち第3段階です。(2010/8/23)

伴大作の木漏れ日:
モンスター・メインフレーム
日本IBMがメインフレームの新版「IBM zEnterprise 196」を発表した。本コラムではメインフレームを取り巻く環境の変化や各ベンダーの戦略をひも解きたい。(2010/8/17)

IBMのスーパーコンピュータ「Watson」、2年以内に商用化の可能性
自然言語能力を備えるIBMの「Watson」が、人気クイズ番組「ジョパディ!」にこの秋にも出演する予定だ。IBMは医療や小売りなど分野別にカスタマイズしたWatsonの販売を計画している。(2010/6/21)

中国産スーパーコンピュータ、IBM抜き世界2位に
恒例のスーパーコンピュータTop500ランキングで中国勢が躍進。トップ10位に2台がランクインし、うち1台は世界2位の座を獲得した。(2010/6/1)

世界最速スーパーコンピュータ、CrayがIBM抜く 中国が5位に
王者IBMを追い落としてCrayがトップを獲得し、中国のスーパーコンピュータがトップ10圏外から5位に躍り出た。日本の地球シミュレータは31位だった。(2009/11/16)

米技術分野での最高の栄誉:
IBM、Blue Geneで米国家技術賞を受賞
米政府は、IBMのBlue Geneが世界のHPC市場での米国の地位確立に貢献したとして、同社に米国家技術賞を授与する。(2009/9/21)

スーパーコンピュータTop500、首位は変わらず ドイツ勢躍進
依然として米国が優勢だが、トップ10に新たにドイツ勢のシステムが2台ランクインした。(2009/6/24)

“ストリームコンピューティング”製品:
IBM、データ分析・意思決定支援ソフト「System S」発表
「System S」は、株価、小売り販売、気象情報など、変動し続ける膨大なデータを高速で分析し、意思決定を支援する。(2009/5/14)

組み込み向け半導体最新動向:PowerPCプロセッサ
Appleと別れたPowerPCの次なるパートナー探し
PowerPCといえば、Appleの「Macintosh」を連想する人も多いだろう。AppleがIntelチップへの移行を表明してから早3年。今回はPowerPCの変遷とその現状を紹介する。(2008/12/18)

スーパーコンピュータTop500、1位はRoadrunner。中国が10位に
ペタFLOPSの壁を突破したシステムが2台に。1位は引き続きIBMだが、Crayが躍進している。(2008/11/17)

最もエネルギー効率に優れたスーパーコンピュータのベスト25
世界で最も強力なコンピュータは環境にも優しいのだろうか。2007年の世界のスーパーコンピュータのランキングではこの問題にスポットライトが当てられ、1秒当たりに実行できる浮動小数点演算回数に対する消費エネルギー量、すなわち「1ワット当たりのFLOPS」の比較が行われた。(2008/9/30)

IBMのRoadrunner、「ペタ」到達で世界最速スーパーコンピュータに
RoadrunnerがPFLOPS級の性能を達成し、3年間トップだったIBMのBlueGene/Lを追い抜いた。(2008/6/19)

米エネルギー省のIBMスーパーコンピュータ、ペタFLOPS級の持続性能を達成
ペタFLOPS級の「Roadrunner」は、OpteronプロセッサとCellプロセッサを組み合わせたハイブリッドのスーパーコンピュータ。(2008/6/10)

IBM、水冷式のスーパーコンピュータ「Power 575」を発表
IBMは大型スーパーコンピュータPower 575の冷却に空気ではなく水を使っている。(2008/4/10)

IBMとエディンバラ大学、スーパーコンピュータでHIVウイルス感染防止薬開発に取り組む
スーパーコンピュータによるシミュレーションで、エイズワクチン開発が促進されるかもしれない。(2008/4/5)

並列コンピューティングは既に存在する
Microsoftのマンディ氏が言った通り、並列コンピューティングはすべてを変えつつある。ただしマンディ氏は時を見誤った。(2008/3/14)

Sun、500TFLOPSスーパーコンピュータを発表
Sunの新しいスーパーコンピュータ「Ranger」は、最大パフォーマンス504TFLOPS、現在世界最速のIBM製Blue Geneよりも速い。(2008/2/25)

スーパーコンピュータTop500、引き続きIBMが首位
1位は前回に続きIBMのBlueGene/Lで、LINPACKベンチマークスコアを478.2TFLOPSに大幅アップ。東工大のTSUBAMEは16位だった。(2007/11/13)

IBM、北米初のBlue Gene/Pスーパーコンピュータ設置へ
2008年半ばまでに完成する予定のスーパーコンピュータは、ペタフロップス級の性能を発揮する可能性がある。(2007/11/5)

新型スーパーコンピュータでIBMから首位奪還を狙うNEC
NECのSX-9は最高性能を発揮できれば、現在ランキング首位のIBMのBlue Gene/Lを上回る。(2007/10/29)

カナダの10大学、CERNデータ解析にIBMのスーパーコンピュータ活用
欧州のCERNプロジェクトで生成される膨大なデータを解析するため、IBMのスーパーコンピュータクラスタを活用する。(2007/10/19)

米イリノイ大、ペタスケールシステム「Blue Waters」導入へ
米国立科学財団(NSF)の助成金を受け、イリノイ大学は2011年に1PFLOPSを超えるスーパーコンピュータ「Blue Waters」を稼働させる計画だ。(2007/8/9)

IBMとSunが拓くスーパーコンピュータの「ペタフロップス」時代
こうした大規模コンピューティングシステムの市場は実際には非常に小さいが、他社より一歩先んじていることを示す手段にはなっている。(2007/6/28)

スーパーコンピュータTop500、IBMが依然トップ。日本勢はトップ10圏外に
IBMのBlue Gene/Lが引き続き最速スーパーコンピュータの座を獲得した。前回9位に入っていた東工大のTSUBAMEは、14位にランクダウン。(2007/6/27)

IBM、旧版より3倍高性能なスーパーコンピュータ発表
IBMの第2世代スーパーコンピュータ「Blue Gene/P」は、最高で3ペタFLOPSを達成できる。(2007/6/27)

IBM、3Dチップ実現する新技術を開発
IBMの「スルーシリコンビア」技術は、部品を積み重ねた3Dチップを可能にする。(2007/4/12)

IBM、米国海洋大気局にスーパーコンピュータ2台を構築
2台のスーパーコンピュータはプライマリシステムとバックアップシステムとして導入され、世界最速のスーパーコンピュータの上位500リストで36位と37位にランクインすることになる。(2007/2/1)

スーパーコンピュータTop500、トップはIBM
1位は前回に引き続きIBMのBlueGene/L。TSUBAMEは9位に、地球シミュレータはトップ10からすべり落ちて14位となった。(2006/11/14)

IBM、金融サービス向け技術を語る
IBMはウォール街に向け、グリッドコンピューティングや高性能コンピューティングに関連する製品を売り込んだ。(2006/9/22)

ブロガーズ・ミーティング、第1回目はIBM Innovation Dayで
7月21日、ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」で活躍するブロガーがIBM Yamato Innovation Dayで会した。(2006/7/24)

スーパーコンピュータTop500、またもIBMが制す。東工大のTSUBAMEがトップ10に
地球シミュレータは10位に後退したが、NECが東工大に納入した「TSUBAME」が上位に食い込んだ。(2006/6/28)

IBM、オンデマンドセンターをBlue GeneとOpteronサーバで増強
需要の増加に対応するため、「Blue Gene」の処理能力を増強するほか、Opteronベースの「BladeCenter LS20」を追加する。(2006/6/26)

Blue Gene/L、持続パフォーマンスで世界記録達成
米ローレンスリバモア国立研究所のスーパーコンピュータBlue Gene/Lが、持続パフォーマンスで207.3TFLOPSという記録を達成した。(2006/6/23)

理化学研究所、1ペタFLOPSのシステムを構築
理化学研究所と日本SGI、インテルは、理論ピーク性能で1ペタFLOPSを実現する分子動力学シミュレーション専用コンピュータシステム「MDGRAPE-3」の構築に成功した。(2006/6/19)

IBM、WHOなどと共同で伝染病対策プロジェクト推進
鳥インフルエンザの世界的感染が問題になる中、IBMのプロジェクトでは先端のソフトウェア技術を使って医療従事者と研究者、公衆衛生機関の情報共有や対策立案を支援する。(2006/5/16)

IBM、1億ドルのスーパーコンピュータセンターに協力
レンセリア工科大学は5月10日、IBMとのスーパーコンピュータセンター設置計画を正式に発表した。70TFLOPS超のシステムを導入し、世界で10指に入る施設となる。(2006/5/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。