ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2011年02月21日 07時00分 UPDATE

さまざまな角度からの立体視を実現するテレビ用LSIをTSMCが開発

映像中の物体をさまざまな角度から立体的に見えるような表示が可能になるLSIが開発された。

[ITmedia]

 半導体ファウンドリ大手のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)は、3D表示対応のテレビ用LSIを40nm世代のプロセス技術で開発したと発表した。台湾のNational Taiwan Universityと共同で開発した。このLSIを使えば、映像中の物体を視聴者がさまざまな角度から立体的に見えるような表示が可能になると言う。

 一般的な3Dテレビでは、視聴者が映像を立体的に感じられる位置が限られている。すなわち左右の目が、立体視に向けて用意された2枚の異なる映像をそれぞれ適切に捉えられる位置である。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。

執筆 Peter Clarke:EE Times (翻訳/編集 EE Times Japan)


関連キーワード

LSI | 3D | 立体視 | TSMC | 3Dテレビ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.