ニュース
» 2011年03月02日 17時55分 UPDATE

タブレット向けのWindows 8、6月にも披露か

Microsoftはタブレット用のWindows 8について、Appleのようなインタフェース設計のアプローチを取っていると報じられている。

[Michelle Maisto,eWEEK]
eWEEK

 MicrosoftはWindows 8のタブレット用インタフェースを早ければ6月にも披露するかもしれないと、Business InsiderがMicrosoft関係筋の話として伝えている。

 同サイトの2月28日の記事によると、関係筋は「Microsoftは今回、Appleのようなインタフェース設計のアプローチを取っており、またWindows Phone 7向けに開発した『Metro』インタフェースのコンセプトを活用する」と話している。

 6月はMicrosoftの2011会計年度の最後の月だ。もし早く披露されるのであれば、5月31日から6月4日にかけて開催されるComputex Taipeiに合わせた発表になるかもしれない。

 この予想は、ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏が先日披露したMicrosoftのロードマップ――これもまた匿名の情報筋が公開したものだ――からかけ離れてはいない。ロードマップでは、MicrosoftのMilestone 3(M3)のコーディングが2月28日に始まることになっている。完了は7月末ごろの可能性がある。

 「非公開のコミュニティーテクノロジープレビュー(CTP)テストに1カ月ほどかかると考えると、今年のProfessional Developers Conference(PDC)あたりにβ版が登場する――201年9月に出ると聞いている――のはあり得るように思う」とフォリー氏は述べている。

 大人気のAppleのiPadと、数百の競合製品を前に、Microsoftは確かにSamsung、Hewlett-Packard(HP)、Research In Motion(RIM)、Motorolaなどのライバルが先んじて参入した市場に加わりたがっている。タブレット市場はどこから見ても急成長しているが、Morgan Stanleyは2月16日の報告書で、それでもなおこの市場は過小評価されており、出荷台数は2010年の1600万台から2012年には1億台に増えると示唆している。

 これに対して調査会社IDCは1月18日に、タブレットの出荷台数は2011年に4460万台に達し、2012年に7080万台に増えるとの予測を示した。

 Business InsiderはMicrosoft関係筋の話として、Microsoftはタブレットブームに乗り遅れたことを認識しており、「ARM設計のプロセッサでWindowsをスムーズに動かすために約1000人のエンジニアを投入している。同社は実際にタブレット市場に真剣に取り組んでいる」と伝えている。

 Microsoftにはまた、新たなハードウェアパートナーであるNokiaがいる。両社は2月11日の合同会見で、「新たなグローバルモバイルエコシステム」を作り出し、共有ロードマップと「モバイル製品の今後の進化」で密に協力すると発表した

 Nokiaは、MicrosoftのWindows Phoneプラットフォームを、Intelと共同開発しているMeeGoや自社のSymbian OSよりも優先すると説明した。また提携の一環として、Nokiaはハードウェアのノウハウを提供し、MicrosoftのOSをさまざまな価格帯、市場セグメント、地域に投入するのを支援するとしている。

 「NokiaとMicrosoftは協力して重要な資産を統合し、全く新しいサービスを作り出す一方で、既存の製品とサービスを新市場に拡大する計画だ」とMicrosoftは当時発表文で述べていた。

関連キーワード

Microsoft | Windows | Windows 8 | Nokia | ロードマップ


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -