ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年04月25日 08時17分 UPDATE

GoogleのAndroid、米陸軍が独自モバイル端末に採用

米陸軍のAndroid搭載端末「Joint Battle Command-Platform Handheld」では、敵軍の位置をマップ上にインプットして友軍に知らせたり、兵士の動きをトラッキングして把握できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米陸軍は4月18日(現地時間)、戦場で兵士が利用するスマートフォンアプリのフレームワークとして、米GoogleのAndroidを採用したと発表した。

 米軍は既にAndroidベースのデバイス「Joint Battle Command-Platform Handheld」のプロトタイプをテスト中という。同デバイスには、米連邦政府が所有するAndroidベースのフレームワーク「Mobile /Handheld Computing Environment」で作成したアプリが搭載されている。

 army (Photo Credit: Ashley Blumenfeld, JPEO JTRS)

 このデバイスでは例えば、敵の位置情報をGPSと地図を利用して友軍に提供したり、重要なメッセージを安全に送受信できるほか、連絡帳やオフィス文書ビューワなど一般的なスマートフォン機能も備える。

 米陸軍は7月に開発者キットを一般に公開し、サードパーティーが同デバイス向けのアプリを開発できるようにする計画だ。

関連キーワード

Android | Google | 政府 | スマートフォン | 米軍


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.