ニュース
» 2011年05月02日 07時10分 UPDATE

Firefoxブラウザの更新版がリリース、深刻な脆弱性に対処

Firefox 4のセキュリティアップデートは3月のリリース以来初となる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Mozilla FoundationはFirefoxブラウザとThunderbird、SeaMonkeyの更新版を4月28日付で公開し、多数の深刻な脆弱性に対処した。Firefox 4は3月のリリース以来初のセキュリティアップデートとなる。

 Mozillaのセキュリティアドバイザリーによると、脆弱性を解決した最新版は、Firefox 4.0.1/3.6.17/3.5.19、Thunderbird 3.1.10、SeaMonkey 2.0.14となる。このうち、Firefox 4.0.1では3項目の脆弱性に対処した。中でも「WebGLESライブラリの脆弱性」と「様々なメモリ安全性の問題」の2件は重要度が4段階で最も高い「最高」に分類され、任意のコード実行に利用される恐れが指摘されている。

 Firefox 4.0.1はWindows、Mac、LinuxおよびAndroidに対応。Windows、Mac、LinuxではFirefoxを再起動すれば自動的に更新が適用される。Android端末ではAndroidマーケットの画面から更新版を入手できる。

 なお、Firefox 3.5は今回が最後のセキュリティアップデートとなり、Firefox 3.6も今年9月でサポートが打ち切られる予定。まだ旧バージョンを使っているユーザーは、できるだけ早くFirefox 4にアップグレードしてほしいとMozillaは呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -