ニュース
» 2011年05月18日 07時00分 UPDATE

ブラザー、ビジネス向け小型プリンタ/複合機「ジャスティオ」に新ラインアップ

ブラザーがビジネス向け小型プリンタ/複合機「ジャスティオ」の新製品7機種を発表。エントリーからハイエンドまでそろえ、全機種に高速プリントエンジンと自動両面プリント機能を搭載する。

[本宮学,ITmedia]

 ブラザー工業は5月17日、ビジネス向け小型プリンタ/複合機「ジャスティオ」の新製品7機種を5月下旬から6月中旬にかけて順次発売すると発表した。全機種に高速プリントエンジンと自動両面プリント機能を搭載。エントリー向けのインクジェット機からハイエンド機までそろえ、ビジネス規模に応じたニーズに対応する。

photo 「MFC-J6710CDW」

 インクジェットA3カラー複合機「MFC-J6710CDW」は、従来機種(MFC-6490CN/6890CN)に比べ、カラーで約2.6倍の10ipm(image per minute)、モノクロで約2.4倍の12ipmと高速化。実売予想価格は6万5000円前後。

 新たにハイエンドモデル「ジャスティオ プロ」シリーズをラインアップ。小規模オフィスの中でよりプリントボリュームの高い層向けで、高速プリントや自動両面スキャン、大容量給紙などの高機能に加え、最長5年間の無償保証など、サポートを充実させた。ARカラーレーザープリンタ「HL-4570CDWT」、A4カラーレーザー複合機「MFC-9970CDW」、A3カラーインクジェット複合機「MFC-J6910CDW」の3機種をラインアップする。

 インクジェットモデルでは「インクの組成を改善したことで、ビジネス利用のお客様にとっても“使える”出来になっている」(ブラザー販売の大澤敏明マーケティング推進部長)という。

photo イメージキャラクターを務める女優の松下奈緒さんとブラザー販売の片山俊介社長

 一部製品には省エネ機能として、スリープ時の消費電力を大幅に下げる「ディープスリープ機能」を搭載。従来機種では8〜10ワット消費していたスリープ中の消費電力を、ディープスリープ機能を搭載する機種では平均0.9〜1.5ワットに抑えるという。

 普及機クラスの「MFC-J6710CDW」で年間10万台、ジャスティオ プロの3機種でそれぞれ年間1万台の販売を目指す。

photo 松下さんは「カメラが趣味でプリンタをよく使う」という

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -