ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年06月06日 07時30分 UPDATE

OracleがJavaのアップデートを予告、深刻な脆弱性に対処

Java SEのクリティカルパッチアップデート(CPU)は、米国時間の6月7日に公開される予定だ。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Oracleは、米国時間の6月7日にJava SEのクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開すると予告した。

 同社によると、今回のCPUではJava SEに存在する17件の脆弱性に対処する予定。いずれもネットワークを介して認証を経ずに悪用される恐れがあるとされ、危険度は最も高いもので、共通指標のCVSSベーススコアで最高値の10.0となる。

 アップデートの対象となるのはWindows、Solaris、Linux向けのJDK/JRE 6 Update 25、JDK/JRE 5.0 Update 29、SDK/JRE 1.4.2_31までのバージョン。OracleではCPUが公開され次第、できるだけ早く適用してほしいと強く勧告している。

関連キーワード

Java | Oracle(オラクル) | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.