ニュース
» 2011年06月08日 10時46分 UPDATE

Google、検索結果にコンテンツの著者名を表示

例えば、検索結果として表示されるNew York Timesの記事の概要部分に記事執筆者名が表示され、クリックするとその著者の記事一覧に飛ぶようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月7日(現地時間)、検索でコンテンツの著者に関するマークアップをサポートすると発表した。検索結果のコンテンツでrel属性として「rel="author"」などを設定している場合、コンテンツのスニペット(概要テキスト)にリンク付きの著者名が表示される。

 author 著者名(Seth Schiesel)をクリックすると、New York Timesでこの著者が執筆した記事一覧に飛ぶ

 WebパブリッシャーはHTML5の「rel="author"」やXFNの「rel="me"」を設定することで検索エンジンに同じ著者のWeb上のコンテンツを認識させることができる。設定方法はヘルプセンターで説明されている。schema.orgのmicrodataを使って構造化データをマークアップしている場合も、こうした著者情報を読み取るようになる見込みだ。

 Googleはこの機能を促進する目的で、New York Times、Washington Post、CNET、New Yorkerなどと協力したほか、同社のブログサービスBloggerと、傘下の動画共有サービスYouTubeのコンテンツにもこのマークアップを追加する作業を行ったという。将来的にはBloggerとYouTubeの投稿に、自動的にこのマークアップを追加する計画だ。

関連キーワード

検索 | Google | Blogger | YouTube | HTML5 | 検索エンジン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -