ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年06月15日 17時36分 UPDATE

Windowsマシンの夏商戦は「地デジPC」強化

日本マイクロソフトは、7月に完全移行する地デジに対応したPCの販売を強化する。現在は年間700万台程度のWindows PCの販売台数を1000万台に増やしたい考え。

[本宮学,ITmedia]
photo 笠原健司本部長

 日本マイクロソフト(日本MS)は今夏、地デジチューナーを搭載した「地デジPC」の販売に力を入れる方針だ。現在のWindows搭載PCの国内販売台数は年間約700万台だが、地デジPCの販売強化などで年間1000万台まで伸ばしたい考えだ。

 総務省調査では95%の家庭で地デジ化が済んでいるという。だが同社の笠原健司パートナー&マーケティングコミュニケーションズ本部長(コンシューマー&オンラインマーケティング統括部)は、「リビングには地デジ対応の大型テレビを置いている家庭でも、家族それぞれの部屋に置くテレビの需要はまだある」と話し、「部屋というパーソナルな場所では、PC・テレビ・Blu-ray Discレコーダーの3つを搭載した地デジPCが活躍する」とした。

 地デジPCの販促キャンペーンの一環として、同社やメーカーなどで構成する「Windows Digital Lifestyle Consortium」(WDLC)では、大阪や東京で実際に地デジPCを試用してもらうイベントを開催する予定。

photophoto

 Windows PCの販売は「3月の震災時に一時的な伸び率の滞りはあったものの、その後は順調に数字を伸ばし、5月には前年同期比で約24%成長した」(同社の五十嵐章執行役)という。

 東日本大震災以降、同社の節電情報サイトは75万ページビューがあり、Windows 7用の節電プログラムは8万回ダウンロードされたという。「消費者の節電への意識が高まっている」(五十嵐執行役)と、Windows 7搭載PCが5年前のWindows XP機と比べて平均53%の省電力化を実現している点などをアピールし、買い換えを促していく。

photophoto 説明会場にはMicrosoft Office 2010の楽しい使い方を広める「Office 2010 応援隊」の2人も登場した。自分の顔写真をプリントしたTシャツ(写真=右)は、応援隊の飛田ありささん本人がMicrosoft PowerPointで作成したという。

関連キーワード

地上デジタル放送 | PC | Windows | Microsoft | 省電力 | 節電


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.