ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2011年07月20日 20時37分 UPDATE

「お金と楽しくつきあう」ソーシャル家計簿アプリ「Zaim」

ソーシャル家計簿アプリ「Zaim」は、家計簿の入力のしやすさに加え、自分の支出をほかのユーザーの平均と比べるなどのユニークな機能を持っている。

[ITmedia]
photo

 ソーシャル機能を持つ家計簿アプリ「Zaim」のiOS版がApp Storeで公開された。支出・収入の登録を簡単かつ楽しみながら継続してできるように工夫しているほか、項目ごとの出費額を他のユーザーの平均と比較するといった機能を持つ。利用は無料。Android版の公開も予定している。

 まず1カ月に使える予算を入力。予算は総枠のほか、食費や日用雑貨など項目ごとに設定も可能だ。支出の入力は項目ごとに行い、食費なら「食料品」「カフェ」「朝ご飯」などに分けて入力できる。アカウントを家族など複数のユーザーと共有して入力していくことも可能だ。

 金額に加えて場所も入力可能で、行きつけの飲食店などとひもづけて記録しておける。入力を続けるとスタンプが発行されるなど、ゲーム的な要素を取り入れることで入力を続けられるように工夫している。

photophotophoto

 予算に対する残額はグラフ化して見やすく表示。支出データは「みんなと比較」機能で項目ごとにほかのユーザーの平均などと比べることができる。このため家計簿アプリとしては珍しくプロフィールやユーザーアイコンの設定機能を持っており、入力内容をTwitterに投稿したり、支出をFacebookのスポットと連動させることも可能だ。

 アクセス解析ツールを開発するユーザーローカルの閑歳孝子さんが個人で開発、公開した。「お金と楽しくつきあうサービス」を目指して改良を続けていくという。今後、外部サービスからZaimにアクセスできるOAuth APIを公開する予定。Android版は秋ごろのリリースを予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.