ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユーザーローカル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユーザーローカル」に関する情報が集まったページです。

入口での簡易的なチェックに活用可能:
Webカメラでマスク装着を自動判別 ユーザーローカルが「マスク着用判定AI」を無償提供
ユーザーローカルは、「マスク着用判定AI」の無償提供を開始した。店舗やオフィスの入口にWebカメラ付きのPCを設置すれば、来訪者がマスクを着用しているかどうかを自動判定できる。(2020/8/12)

AIがマスク着用を判定するWebサービス、ユーザーローカルが無料公開
ディープラーニングの技術を活用し、人の顔画像からマスクを着用しているか判定するAIツールの提供をユーザーローカルが始めた。利用は無料。(2020/8/11)

銚子電鉄の“自虐お楽しみ袋”が人気! その名は「鉄道会社なのに自転車操業ギフトセット」
これ以上に分かりやすいネーミングはない。(2020/8/4)

オンライン授業の集中度をAIで測定 生徒の視線や表情を解析 リモート指導を効率化
ユーザーローカルが、オンライン授業を受けている生徒の集中力を測定するAIを開発。測定結果は、授業の質の改善や、授業態度と成績の因果関係の調査などに利用できる。(2020/6/25)

子どもにとって、新型コロナ禍はどう見えているのか? 在宅勤務の親が気づかされた「子どものタフさ」漫画がじんわり沁みる
子どもにとっては身近なできごとのほうが大事なのかも。(2020/4/24)

ベンダーによる支援策のリンク集
新型コロナウイルス対策を支える「テレワーク」関連製品の無料提供と相談窓口
拡大を続ける新型コロナウイルス感染症対策として、企業の間でテレワークの採用が広がっている。こうした中、ベンダー各社がテレワーク関連製品の一時無料化などの支援策を提供し始めた。主要な取り組みを集約した。(2020/3/23)

カンニング行為検知AIをユーザーローカルが開発 試験中の映像から怪しい動作を見つけ出す
受験者の動作で不正行為を自動で検知します。(2020/2/18)

受験者をリアルタイム監視する「カンニング検知AI」 ユーザーローカル開発
ユーザーローカルは、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督を補助し、公正な試験を支援する狙い。(2020/2/18)

ユーザーローカル、Google発の自然言語処理モデル「BERT」採用 チャットbotの構築を効率化
ユーザーローカルが、Google発の自然言語処理モデル「BERT」を導入。法人向けのAI自動応答システムの構築作業を効率化した。(2020/2/6)

カメラに写った人の「視線の先」を推定するAI登場 デジタルサイネージの効果測定などに活用
ユーザーローカルが、ディープラーニングを使ったアイトラッキング技術を開発。デジタルサイネージの広告効果測定などでの活用を見込んでいるという。(2020/2/4)

個人の価値を売買できるVALU、疑似株式の取引を終了 規制に対応できず「抜本的な事業転換が必要」
4月以降の一新を予告しています。(2020/1/15)

画像から人物の骨格を推定、ディープラーニング活用の無料サービス
画像から人物の骨格を自動で検出するAIツールを、ユーザーローカルが無償で公開。スポーツや医療、教育分野などでの活用を見込む。(2020/1/9)

人の顔写真を分析、感情を判定 ディープラーニング活用の無料サービス登場 「喜び」「怒り」など5種に対応
ユーザーローカルが、ディープラーニングの技術を活用し、人の顔写真から被写体の感情と性別を判定する技術を発表。判定できる感情は「喜び」「怒り」「悲しみ」「驚き」「無表情」の5種類。公式サイトで一般公開する他、法人向けにWebAPIを提供する。利用料は無料。(2019/12/23)

VTuber事業のバーチャルキャスト、グリー子会社と協業 “VTuberの活躍の場”広げる
バーチャルYouTuber事業を展開するバーチャルキャストとWright Flyer Live Entertainmentが戦略的提携を結んだ。(2019/5/27)

きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。おっさんなんだぜ。それで:
おじさんでも「美少女インスタ映え」 2019年はバーチャルでなりたい自分になれる「アバター元年」か
VTuberでもなく、ビジネス現場のVR利用でもない、“もう1つの人生”をアバターとして生きる人々。(2019/1/23)

バーチャルYouTuberが6000人突破 5000人突破から約3カ月で
ちょっと増加ペースは鈍化?(2018/12/20)

テキストから感情分析するAIツール、ユーザーローカルが無償公開 いろいろ試してみた
入力したテキストに含まれる感情を分析するWebサービスをユーザーローカルが公開。(2018/12/17)

音声を自動でテキスト化→解析 無料ツール、ユーザーローカルが公開
ユーザーローカルは、テキストを解析できる無料のWebツールに、音声を自動でテキスト化する機能を追加した「音声認識テキストマイニング」を公開した。(2018/11/5)

いま「3D」VTuberが急速に増えている理由と、それでも失われない「2D」の魅力
要はどっちも好き。(2018/10/7)

「ほんにん」「うりこ」「新刊なし」 全世界待望の「同人イベントに絶対必要なTシャツ」が爆誕
欲しかったやつだ!(2018/9/26)

【速報】バーチャルYouTuberが5000人突破 半年で4000人増
7月10日の4000人突破から約2カ月でさらに1000人増加。(2018/9/12)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとPythonとDockerでWeb APIをコンテナ化!
VS CodeとPythonとFlaskで作成したWeb APIをDockerコンテナ上で実行したり、リモートデバッグしたりしてみよう。(2018/9/6)

今日のリサーチ:
バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。(2018/8/14)

グリー子会社、VTuber専用ライブ配信アプリ「REALITY」配信開始 「ときのそら」「月ノ美兎」など有名VTuberも続々参加
秋ごろからは一般ユーザーもライブ配信可能になるとのこと。(2018/8/7)

グリー子会社、VTuber専用のライブ配信サービス「REALITY」提供開始
グリー子会社のWright Flyer Live Entertainment(WFLE)がVTuber専用のライブ配信サービスの提供を始めた。同日からKMNZ(ケモノズ)や葉月ナツ、月ノ美兎などのVTuberが配信を開始し、スマホアプリ(iOS/Android)からライブ試聴が可能になる。(2018/8/7)

バーチャルYouTuber、半年で急増 181人→4475人に
バーチャルYoutuberは今年1月末から7月末までの約半年間で急拡大。181人から4475人と、4000人以上増えた。1日当たり平均約20人デビューしている計算だ。(2018/8/7)

自分のキャラに魂を入れる「魔法」 VTuberだけではない、ピクシブが「VRoid Studio」を開発した理由
VTuber向け3Dモデルの需要が急増する中、ピクシブが簡単に作れる3D人体モデラーを無料で公開する。開発チームにその意図を聞いた。(2018/7/27)

ラフ絵を気軽にアップできるサービス「かべうち」開発中 プレッシャーを与えない差し入れシステムも
クリエーターにもファンにも嬉しいサービス。(2018/7/26)

文章の「自動要約ツール」、ユーザーローカルが無償提供
ユーザーローカルが、入力した文章から重要部分を取り出して要約できる「自動要約ツール」を無償公開。Webサイトで誰でも使える。(2018/7/25)

ユーザーローカルが「自動要約ツール」を公開 ニュース記事から3〜10行のダイジェストを生成
最新技術による「今北産業」。(2018/7/27)

バーチャルYouTuberが4000人を突破 一部の県なら町が作れる数
Vtuber町。(2018/7/11)

ユーザーローカル、写真から年齢・性別を判定する「顔認識AI」を無償提供
ユーザーローカルが、写真から人の顔を自動検出し、年齢と性別を推定する「ユーザーローカル顔認識AI」を公開。開発者向けにはAPIを無償提供する。(2018/6/29)

自称「最も英語が得意なバーチャルYouTuber」藤間桜に注目集まる 急上昇ランキングで1位に
英語の勉強にもいいな。(2018/6/19)

コメント利用ガイドライン
(2018/6/1)

今日のリサーチ:
データで知る、今更聞けない「VTuber」――ユーザーローカル調査
最近よく聞く「VTuber」。あなたは何だかご存じですか?(2018/6/6)

バーチャルYouTuberが3000人を突破 増加ペースも加速
3月19日には1000人、4月27日には2000人に到達。(2018/5/28)

「VOCALOID以来最大のムーブメント」 増殖し続けるバーチャルYouTuberたちはどこに行き着くのか
バーチャルYouTuberをある時期まで“全員追っていた方法”と今後について説明します。(2018/5/26)

バーチャルYouTuberがなんと2000人を突破 約1カ月で一気に2倍に急増 ユーザーローカル調べ
勢いが止まらない……!(2018/4/28)

第3の事業の柱に:
グリー、バーチャルYouTuberビジネスに参入 100億円規模を投資
グリーがバーチャルYouTuberビジネスに参入。(2018/4/5)

宇宙だ…… バーチャルYouTuberのチャンネル登録者数をアイコンで表現した動画に「感動した」「センスありすぎ」の声
謎の感動。(2018/3/31)

バーチャルYouTuberがついに1000人突破 直近20日間で500人以上増加
ユーザーローカルが提供する「バーチャルYouTuberランキング」による調査。(2018/3/20)

バーチャルYouTuber「キズナアイ」、テレビ進出 BS日テレで“冠番組”
バーチャルYouTuberの「キズナアイ」の“冠番組”「キズナアイのBEATスクランブル」が、BS日テレ(日本テレビ系列)で4月から放送。(2018/2/27)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンがSNS四天王「FIST」を打ち負かす可能性
そしてマストドンとセレブの関係について。(2018/2/10)

「ブラックボックス展」痴漢事件、“暗闇”の中の真相は明らかになるのか 被害者連絡会が半年かけて訴訟に至った理由
「ブラックボックス展」被害者連絡会の代表らに取材しました。(2018/1/24)

「バーチャルYouTuber」のランキングサイト 再生数や推定月収など公開
ユーザーローカルが、「バーチャルYouTuber」の人気が分かるサイトを公開した。動画の再生数やチャンネル登録者数、推定月収などを確認できる。(2017/12/27)

ネコが布団に陣取っている→ネコを避けて寝ようとしてテトリスみたいに 冬場のあるある漫画にほっこり
ネコちゃんにはあらがえない。(2017/12/26)

マストドンつまみ食い日記:
インスタンス更新報告botとマストドンアカウント管理ツール
最近気になっているマストドン関連ツールを紹介しよう。(2017/8/13)

ブラックボックス展について、なかのひとよ氏がMedium上に謝罪文 「表現者として大きな責任を感じている」
「すべての関係者の皆さまに多大なるご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、謹んでお詫び申し上げます」(2017/7/31)

マストドンつまみ食い日記:
iOS用マストドンアプリのTootterがテキスト検索対応、お絵かき機能も
マストドン検索はモバイルではTootdon、MastoPaneに次ぐもの。(2017/7/12)

痴漢被害の報告で物議 「ブラックボックス展」のギャラリーが謝罪文
警察の協力のもと事実の究明を急いでいるとしている。(2017/6/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。