ニュース
» 2011年07月21日 07時27分 UPDATE

セキュリティ強化のSafari最新版、多数の深刻な脆弱性に対処

OS X Lionに組み込まれた「Safari 5.1」はSnow LeopardとWindowsにも対応。Lionではセキュリティ機能の「サンドボックス」が実装された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは7月20日の「OS X Lion」発売に合わせ、WebブラウザSafariの最新版をMacとWindows向けにリリースした。多数の深刻な脆弱性に対処したほか、セキュリティとプライバシー強化を図る新機能を導入している。

 最新版の「Safari 5.1」はOS X Lionに組み込まれているほか、Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard)以降とWindows 7/Vista/XPに対応する。一方、「Safari 5.0.6」はMac OS X 10.5.8(Leopard)向けのセキュリティアップデートとなる。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは合計23項目の脆弱性に対処した。特にブラウザエンジンのWebKitに存在する多数の脆弱性は、Mac OS XとWindowsの両方に深刻な影響を及ぼし、悪質な細工を施したWebサイトを閲覧すると任意のコードを実行される恐れがある。

 また、Safari 5.1ではシステムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ機能「サンドボックス」を実装した。この機能はOS X Lionに対応し、すべてのWebコンテンツとアプリケーションを保護された領域内で動作させる。これにより、個人情報を盗んだりコンピュータを遠隔操作したりすることを狙った悪質なコードがWebサイトに仕込まれていたとしても、自動的に阻止してコンピュータを安全な状態に保つことができるとしている。

 このほかプライバシーの設定項目を新たに設け、cookieのブロックやロケーションサービスへのアクセス制限についてユーザーが設定できるようにするなど、プライバシー機能の強化を図っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -