ニュース
» 2011年08月01日 18時47分 UPDATE

「行政こそが使うべき」 佐賀県武雄市、公式ページのFacebook移行完了

「行政こそがFacebookを活用して市民とのつながりを強化していくべき」──佐賀県武雄市の公式ホームページが同市のFacebookページに一本化された。

[本宮学,ITmedia]
photo 武雄市が公式ページの移転に合わせて開いた記者会見では、スクリーンに移転へのカウントダウンが映し出された

 佐賀県武雄市は8月1日正午、市の公式ページをFacebookページ完全移行した。

 8月1日18時時点で、旧公式ページのURL(http://www.city.takeo.lg.jp/)にアクセスすると、同市のFacebookページにリダイレクトされるようになっている。また市長の部屋などのコンテンツのURLにアクセスすると、「武雄市役所ホームページはFacebookに移転しました」という告知が表示されるようになった。

 移転後のFacebookページは内容を一新し、「観光情報」や「たけおの食育」などのコンテンツを新設。全コンテンツは市の旧公式サイトのサーバからページ埋め込み型リンク(iFrame)で表示されるようになっており、「万が一Facebookのサーバが停止しても、市のデータが消えることはない」(移行作業を担当したSIIISの杉山隆志社長)という。

photo 新たに設置された募金ページ(画面下の写真は武雄市の樋渡市長)

 また、ネットでも心配する声が多かったというFacebookページのアクセシビリティについて、SIIISの杉山社長は「文字の表示を大きくすることにも対応したほか、『JAWS』などの音声読み上げソフトにも問題なく対応している」とした。

 武雄市の樋渡啓祐市長は、「Facebookの『いいね!』ボタンやコメント機能によって、市の各施策に対する市民の反応が目に見えるようになった。また、HTMLなどを打つ必要なく、全職員が市民のコメントに対してレスポンスできるようになった。行政こそがFacebookを活用して市民とのつながりを強化していくべきだ」と話している。

 移転に合わせ、東日本大震災被災者にFacebookページ上で募金できる「募金ページ」を設けた。クレジットカード決済によって1口=500円で募金ができるほか、被災地への応援メッセージを送れるようになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -