ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「移転」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「移転」に関する情報が集まったページです。

「ロックイン新宿」3月閉店へ 「飲食店同様、苦労していた」と山野楽器 SNSには惜しむ声続々
山野楽器は11日、新宿にある大型店舗「ロックイン新宿」を3月13日をもって閉店すると発表した。移転やリニューアル等の予定はない。(2022/1/12)

アフターコロナはどうなる?:
本社がWeWork、オフィスを3分の1に……ユニークな「2021年のオフィス改革」事例5選
コロナ禍が2年目に突入した2021年。フィスの移転やリニューアルを実現する企業が企業が相次ぎました。ITmedia ビジネスオンラインが21年に掲載した記事の中から、オフィスに関するユニークな取り組みや、オフィス変革と共に業務改革を行った取材記事を5本ご紹介します。(2021/12/31)

2023年8月の移転完了を目指す:
日本ミシュランタイヤ、東京から群馬に本社移転 社員は転居か在宅勤務に
日本ミシュランタイヤは本社機能を東京都新宿区から群馬県太田市に移転する方針を発表した。今後、都内のオフィスを段階的に縮小し、2023年8月の移転完了を目指す。愛知県名古屋市のオフィス体制に変更はない。(2021/12/23)

ビジネスも生活も充実:
PR:超・低コストで拠点開設! IT企業の「地方進出」なら新潟県がオススメなワケ
コロナ禍をきっかけに注目が集まる、企業の「地方移転」や「拠点開設」。そこでぜひ利用したいのが、新潟県が提供しているさまざまな支援制度だ。オフィス賃料や人件費の補助を手厚く用意している新潟県では、人材面でのメリットやアクセスの良さも相まって、昨今では進出企業が増えているという。本記事では、進出企業の声とともに、新潟県の魅力を解説していく。(2021/12/6)

座席数は7割減:
なぜ本社が“WeWork”? DeNAが普通のオフィスを選ばなかった3つの理由
DeNAは8月10日、本社を「WeWork 渋谷スクランブルスクエア」に移転した。なぜ普通のオフィスではなく、WeWorkを本社に選んだのか? 総務責任者に理由や移転後の状況を聞いた。(2021/11/30)

約600人が働く:
淡路島に移転1年 パソナで働く人の声を聞く
人材派遣大手のパソナグループが、主要な本社機能を東京から兵庫県の淡路島に移転し始めて1年が経過した。現在までに東京や大阪などから約230人が移住し、現地採用の従業員らを含めて計約600人が働く。(2021/11/28)

住友商事 海外取引先との商談もオンラインが基本、オフィスへの出社率も約3割に減少
2019年に創立100年を迎えた住友商事は、18年の東京都千代田区への本社移転を機に新しい働き方を推進。テレワーク制度を導入しテレワークを実施。海外出張はオンライン中心になった。。(2021/11/15)

国境をまたぐデータ移動の在り方を検討 経産省が研究会を立ち上げ
経済産業省が「データの越境移転に関する研究会」を立ち上げた。資源としてのデータの国境を越えた移動について有識者や関連企業などを集め検討する。(2021/11/2)

オフィス“再構築”は続く:
さくらインターネット、将来は「路面型オフィス」に? 面積10分の1の新オフィス移転はあくまで「通過点」
東京支社を半分に縮小。大阪本社も、面積が10分の1の新オフィスに移転したさくらインターネット。将来的には、どのようなオフィスを目指していくのか?質問したところ、「路面店のようなオフィス」という言葉が飛び出した。(2021/10/29)

クアルトリクス、日本での「エクスペリエンス管理」需要拡大を受け、国内データセンターを開設
XMプラットフォーム「Qualtrics XM Platform」を展開するクアルトリクスは、2022年に国内データセンターを開設し、併せて東京本社を拡張移転、西日本拠点を開設する。厳格なデータ主権・セキュリティに準拠したエクスペリエンス管理の提供が可能になるという。(2021/10/26)

太陽光:
再エネの環境価値を「移転」可能に、TISがブロックチェーンを活用した管理システムを開発
TISインテックグループのTISは、一般家庭で発電した再生可能エネルギー由来の電気をEVに充電し、走る蓄電池として活用し蓄えた電気を別の建物に放電することにより、電気と共に環境価値を他者に移転するシステムを構築したと発表した。(2021/10/25)

「NewsPicks」運営のユーザベース、2022年4月に本社移転へ 六本木→丸の内に
「NewsPicks」などを運営するユーザベースは、2022年4月に本社を港区六本木から千代田区丸の内に移転すると発表した。同社は本社移転を契機に「新たな知の融合・新たな事業創出の契機を増やすことを目指す」としている。(2021/10/19)

サンライズなど4社が本社移転 新拠点は「ホワイトベース」
サンライズ、バンダイナムコピクチャーズ、SUNRISE BEYOND、サンライズミュージックが移転。(2021/10/18)

新オフィスは「ホワイトベース」 サンライズが本社移転
テレビアニメ「機動戦士ガンダム」などで知られるサンライズは18日、本社を杉並区にあるビルに本社を移転すると発表した。新オフィスは「ホワイトベース」と名付ける。(2021/10/18)

無線LANの速度維持と運用最適化を実現
オフィス移転で見直すネットワーク設計、日本工営の新しい働き方を支えたもの
オフィスのリニューアルは、ネットワークの安定性と運用効率を見直す良いきっかけになる。本社オフィス移転を機に無線LANの構築と運用を見直した日本工営が、ネットワーク機器選定で重視したポイントは。(2021/10/11)

西日本の旗艦店:
イオンモール岡山が第2期リニューアル、無印良品の移転など約10店舗を刷新
イオンモールは10月8日〜12月20日、西日本の旗艦店「イオンモール岡山」の第2期リニューアルを実施する。ペットショップなど約10店舗を刷新するほか、無印良品を5階から1階に移転、1階北東側エントランスの改装を予定している。(2021/9/27)

過去最多ペース:
企業本社の「脱・首都圏」半年で186社! 転出先の都道府県で最も多いのは?
帝国データバンクは本社移転に関する分析を発表した。首都圏からの地方への転出が過去最多ペースだという。最も多い転出先の都道府県は?(2021/9/6)

FM:
古河電工が新本社にABWを導入、多様な執務席と会議室を設置
古河電気工業は、東京都千代田区丸の内二丁目のオフィスビル「丸の内仲通りビル」から東京都千代田区大手町2丁目のオフィスビル「TOKYO TORCH 常盤橋タワー」に本社を移転し、2021年7月19日に業務を開始した。(2021/8/18)

オカムラの「新オフィス提案」に迫る:
赤字予想から一転、最高益 オフィス縮小ブームの中でオカムラが作り出した「需要」とは?
新型コロナウイルスによって人々の働き方は大きく変わった。それに伴い、オフィス縮小や移転の動きが急激に広がり、オフィス関連市場には逆風が吹き付けていた。事務機・オフィス家具大手のオカムラも苦境に立たされていた。しかし、蓋を開けてみると2021年3月期の連結決算は過去最高益を達成していた。市場から需要が消えたにも関わらず、なぜ達成できたのか。オカムラの中村雅行社長執行役員に話を聞いた。(2021/7/26)

FAニュース:
ヤマハ発動機、中国蘇州本社の移転や人員増強を実施、ロボティクス事業拡大
ヤマハ発動機は、YIMS蘇州本社の移転や人員の増強などによって販売、サービス体制を強化する。オフィスやショールーム、トレーニング用の施設など充実した設備と環境を整え、ロボティクス事業の拡大を目指す。(2021/7/14)

訪日客減:
ユニクロ心斎橋店、8月に閉店 2010年開業のグローバル旗艦店
ユニクロは、旗艦店の心斎橋店を8月1日に閉店する。近隣のGUと同じ施設に移転し、9月に再オープンする予定だ。(2021/7/10)

麻布十番に:
エイベックス、来年3月をめどに本社移転 サテライトオフィスも検討
エイベックスが、2022年3月をめどに本社を移転する。昨年12月、本社ビル「エイベックスビル」の売却を発表していた。(2021/6/26)

渋谷→熊本移転で売上20倍! 年売上200万だったスタートアップがフルリモートで大勝利するまで
「東京にいる意味、ある?」2020年3月、ふと湧いたそんな疑問から、渋谷にあったオフィスを熊本へ移したスタートアップ企業がある。オンライン開発支援サービス「ATTEND biz」を運営する、Lbose(熊本市)だ。本社は熊本、チームの90%以上がフリーランスで、約50%が一都三県以外に在住しているというLboseが、オンラインでも帰属意識を持って働けるのはなぜか。その仕組みを聞いた。(2021/6/3)

LINE、Keep機能で保存されたデータの日本移転は2022年前半に 前倒しで公表
LINEは「Keep」機能を使って保存されたデータの日本移転を2022年前半に完了させると発表。当初、トーク内の保存データ以外の移転目標については、11日に開催予定の有識者らで構成する特別委員会後に公表する予定だった。(2021/6/2)

LINEのデータ国内移転、“アルバム”は2024年に 「当初は計画になかった」
LINEのアルバムに保存した、画像データの国内移転が2024年上半期になる見込み。データ量が膨大で、韓国のサーバからの移転に時間を要するため。6月中の国内移転を目指す対象は、トーク内の画像データで、アルバムは対象外。LINEは「説明が不十分だった」と釈明。(2021/6/2)

「データの越境移転」日本企業の6割が実施も戦略的な施策に至る組織はわずか
各地の事業で得られたデータを一元集約する企業は多いものの、その用途は限定的で「データ活用」には至っていない日本企業の姿が経済産業省の調査で明らかになった。データ活用の障壁とその打開策をどう見ているだろうか。(2021/6/2)

ワイジェイカードが社名変更 10月1日にPayPayカードに
ヤフー子会社でクレジットカード事業を営むワイジェイカードは、10月1日にPayPayカードに商号を変更することを発表した。併せて、これまで福岡市にあった本社を、東京のヤフーと同じビルに移転する。(2021/5/27)

コロナ禍でもブレない「次世代オフィス」 BIG4のPwCがコラボ創出に全力投球するワケ
2021年2月に大手町のOtemachi Oneタワー内に新オフィスを開設し、グループの主要法人の拠点を大手町に集約したPwC Japanグループ(東京都千代田区)。移転の背景や、約5カ月経って見えてきた効果を聞いた。(2021/5/26)

神奈川県茅ヶ崎市、企業移転・サテライトオフィス設置に補助金 最大100万円
新型コロナウイルス感染症により経済動向が大きく変化していることを踏まえた試み。(2021/5/19)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
三菱地所のニューノーマル時代ワークプレース戦略、組織をつなぐハブ機能
三菱地所は、2018年1月に本社を東京都千代田区のオフィスビル「大手町ビルヂング」から同区内にあるオフィスビル「大手町パークビル」内の4フロアへ移転した。新オフィスは、フリーアドレスを採用しABW(Activity Based Working)に対応している他、コミュニケーションを取りやすい環境を構築し、組織をつなぐハブとしての機能を高めている。新本社で、現在も続いているワークプレース戦略は、オフィス勤務とリモートのハイブリッドスタイルなど、afterコロナ後の働く場所の在り方をも例示している。(2021/5/10)

DeNA、本社オフィスをWeWorkへ移転 デスク数を4分の1に
DeNAが、本社オフィスを「WeWork渋谷スクランブルスクエア」(東京都渋谷区)に移転すると発表。約2800席あったデスク数を約700席に削減する。リモートワークの実施により、出社する社員が全体の6%以下になったことを踏まえた施策という。(2021/4/30)

地方局のオフィス改革【後編】:
TBS佐々木卓社長に聞く、地方局の東京支社をシェアオフィスに移転する狙い 「JNN系列をさらに強い集団に」
港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。TBSのトップである佐々木卓社長を直撃した。(2021/4/20)

地方局のオフィス改革【前編】:
TBSと地方局、「放送業界初」の狙いは? JNN系列地方局の約半数が東京支社をシェアオフィスに移転
コロナ禍で企業の在宅勤務が進む中、港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。その狙いに迫った。(2021/4/19)

日本HP、本社オフィスを縮小移転 出社する社員が全体の1割以下に
日本HPが、東京都江東区にある本社オフィスを、港区に移転すると発表。新しいオフィスの床面積はこれまでの約半分。出社する社員が全体の1割以下になったことを踏まえた。(2021/4/16)

LINEが本社移転、新宿から四谷に 「自宅からは生まれない創造力を生み出す場に」
LINEが本社オフィスを新宿から四谷に移転したと発表。新オフィスではフリーアドレスを導入した他、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、飛沫防止パーテーションやWeb会議に対応した個別ブースを設置した。(2021/4/2)

LINE、ユーザー情報移転先の国名を明記 韓国やベトナムで開発運用
LINEはユーザー情報を必要に応じて韓国やベトナムに移転すると明記した新たなプライバシーポリシーを発表した。これまでデータの提供先の国名は「第三国」とされており、ユーザーに明示されていなかった。(2021/4/1)

プロジェクト:
“慶應大予防医療センター”が虎ノ門・麻布台の超高層ビルに拡張移転、「街のウェルネス」を担う核に
慶應義塾大学病院予防医療センターが、虎ノ門・麻布台地区で開発が進む再開発事業のA街区メインタワーに移転することが決まった。予防医療センターを核に、スパ、フィットネスクラブ、レストランやフードマーケットといった施設や広場、菜園ともメンバーシッププログラムでつなぎ、外部施設や医療機関とも連携しながら、世界中で抱えている諸問題に対する1つの解として、再開発事業全体のコンセプトでもある真に豊かな「ウェルネス」を提示する。(2021/3/31)

プロジェクト:
共有部の混雑確認や照明・空調の遠隔操作に応じたオフィスビルが神田で開業
野村不動産は、新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務やローテーション勤務、サテライトオフィスの活用などが普及している影響で、オフィスの縮小移転、分散化、集約化などが進み、小規模オフィスへの需要が高まっていることを受けて、こういったニーズに応えられるオフィスビル「H1O 神田」を開業した。(2021/3/31)

LINEが中国からの個人情報アクセスを遮断 データ保存も韓国から日本へ移転を実施
信用は取り戻せるのでしょうか。(2021/3/24)

LINE、中国からのアクセスを遮断 トークデータは国内へ完全移転
Zホールディングスが「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」を設置。LINEアプリの個人情報の一部が海外から閲覧できる状態にあったことを受けたもの。委員会の座長を務める東京大学大学院法学政治学研究科 教授の穴戸常寿氏は、「今回の件はプライバシーの不備を超え、社会的信頼を損なうものと私は考えている」と話す。(2021/3/23)

LINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行
LINEが、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表。これまで韓国のデータセンターに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転することも明かした。(2021/3/23)

従業員も移動:
コストコ日本法人、本社オフィスを川崎市から木更津市に移転
コストコホールセールジャパンは、本社オフィスを移転する。神奈川県川崎市から千葉県の木更津市へ。2022年の夏を予定している。(2021/3/12)

オフィスを縮小移転:
社員120人が原則テレワーク、「在宅勤務を語ろうチャット」で不安解消 ピクスタ流の働き方
原則在宅勤務とするフルテレワークを導入し、オフィスも縮小移転したピクスタ。そうした中、どのようにコミュニケーションを活性化しているのか。(2021/3/4)

ClipLineの事例:
オフィス縮小移転で年間6000万円削減、浮いた費用どう使う? “やせ我慢”しないと決意した会社の例
1回目の緊急事態宣言を受け、全社員を在宅勤務体制へと移行し、オフィスを縮小移転したClipLine。年間6000万円ほどのコスト削減を見込めるというが、圧縮した賃料は何に投資するのか。(2021/2/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

PR:オフィス拡大路線、テレワーク禁止から一転 シェアオフィスへの移転で「テレキューブ」をフル活用する企業が得たもの
(2021/2/8)

クックパッド、本社を都心→横浜に移転 WeWorkの拠点利用 「オフィスに集まることも重要」
クックパッドは、東京・恵比寿の本社を横浜・みなとみらい地区に移転する。「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」に入居。将来的な出社勤務を前提に移転先を決めた。(2021/1/27)

「名古屋城」駅誕生へ 名古屋市営地下鉄が4駅を名称変更 23年から
名古屋市交通局は1月25日、中村区役所の移転に伴い、地下鉄4駅の名称を変更すると発表した。「名古屋城」駅や「熱田神宮伝馬町」駅など最寄りの観光地を示す駅名が増える。(2021/1/25)

ZOZO、本社移転は2月15日に 幕張から西千葉へ コロナ禍で執務スペースを縮小
ZOZOが2月15日に千葉市稲毛区に建設中の新社屋に本社機能を移す。現在の同市美浜区の本社オフィスは段階的に機能を縮小する方針。(2021/1/25)

KADOKAWA流働き方改革【後編】:
オフィス移転計画中にコロナ襲来──混乱の中で1000人以上が一斉リモートワーク、KADOKAWA“総力戦”の背景
2020年11月、ところざわサクラタウン内にKADOKAWAの新オフィス所沢キャンパスが稼働を始めた。多くの出版社が集まる飯田橋エリアのオフィスと合わせ「本社2拠点体制」となる。新型コロナウイルスの感染拡大は、新オフィス稼働時を目指して働き方改革を進めるさなかに起こった。総務・人事・ICT部門の横串で作られたABW推進チームは、想定外の一斉リモートワークをどのように乗り越えたのか。また、コロナ禍にオープンした所沢キャンパスは、現在どのように活用しているのだろうか。(2021/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。