ニュース
» 2011年08月02日 18時37分 UPDATE

MSから3本指マルチタッチ対応マウス 「最少の操作で思ったことを」

日本マイクロソフトは、最大で指3本によるマルチタッチ操作に対応したマウスを発売する。縦横の画面スクロールに加え、全ウィンドウの一覧表示などもワンタッチで行える。

[本宮学,ITmedia]
photo Microsoft TOUCH MOUSE

 日本マイクロソフトは8月2日、マルチタッチセンサーを搭載したワイヤレスマウス「Microsoft TOUCH MOUSE」を9月2日に発売すると発表した。価格は7980円。1本指でのタッチ操作に対応した「Microsoft Explorer Touch」(4935円)も発売する。

 TOUCH MOUSEは本体上部にタッチセンサーを内蔵し、指3本までのマルチタッチ操作に対応。Windows 7専用としたことで、同OSの機能に対応したウィンドウ操作などができるようにしている。

 人差し指などで前後にスライドすることでホイールのように縦スクロールができるほか、親指を左右にスライドするとWebブラウザなどの「戻る」「進む」の操作ができる。指を2本並べて前後にスライドするとウィンドウを拡大・縮小でき、左右にスライドすると、ウィンドウを左右に振る「スナップ」操作が。また、並べた3本の指を前後にスライドさせることで、全てのウィンドウの最小化と一覧表示が可能だ。

photophoto 指2本を左右に振るとスナップ操作ができる(写真=左)ほか、指3本を前後にスライドさせると、全ウィンドウの最小化や一覧表示ができる(写真=右)

 形状面にもこだわったという。人間工学の研究に基づいて作成した多数の試作機の中から「一番手になじむものを選んだ」(マイクロソフトディベロップメントの水谷裕一氏)ほか、表面に細かい凹凸を付けたことで、「手元を見なくてもセンサーの効きを感じられるようにした」という。

 日本マイクロソフトの五十嵐章執行役 コンシューマー&パートナーグループ リテールビジネス統括本部長は、「新製品は当社のマウスの最上位機種として、いかに少ない指の動きで思ったことを実現するかを追求した作りになっている。多くのWindows 7ユーザーの『もっと高機能なマウスが欲しい』というニーズに応え、スナップ操作などのWindows 7ならではの機能にも対応した」と話している。

 本体サイズは約62(幅)×120(奥行き)×37(高さ)ミリ。本体重量は約133グラム。バッテリーは単三形アルカリ乾電池2本で約3カ月動作する。カラーはブラックのみ。

photophoto
photo Microsoft Explorer Touch

 1本指でのタッチ操作が可能なワイヤレスマウス「Microsoft Explorer Touch」も9月2日に発売する。価格は4935円。対応OSはWindows XP(32ビット版のみ)/Vista/7、Mac OS X 10.4.x〜10.7.x。

 中央に「タッチスクロールストリップ」を搭載し、指でスライドさせることで、縦横の画面スクロールや高速スクロールができる。また、振動と音によるフィードバックがあり、「まるでホイール操作をしているような感覚」で利用できるという。また、タッチスクロールストリップ自体が3つのボタンになっており、左右のボタンと合わせて5つのボタンとして利用できるという。

 本体サイズは約61(幅)×109(奥行き)×34(高さ)ミリ。本体重量は約115グラム。単三形アルカリ乾電池2本で約18カ月動作する。カラーはブラック、ストームグレー、サングリアレッド、テラコッタ(ビックカメラとヨドバシカメラ限定販売)から選べる。

photo サングリアレッド、テラコッタ、ストームグレー(左から)

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。