ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年08月04日 18時47分 UPDATE

「不正アクセスは違法行為」――英ロンドン警視庁がTwitterで警告

LulzSecなどのサイバー攻撃に関連してロンドン警視庁が、「コンピュータに許可なくアクセスする行為は違法であり、禁錮刑の対象となる」と警告した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ハッカー集団AnonymousとLulzSecによるサイバー攻撃事件を捜査している英ロンドン警視庁が、コンピュータに不正アクセスしたり情報を盗み出したりする行為は法律違反として摘発され、刑罰の対象になるとTwitterで警告した。

 ロンドン警視庁はこの中で、コンピュータの不正利用を禁じた同国の法律を紹介し、「コンピュータに許可なくアクセスすることを考えている者は、そうした行為が違法であり、禁錮刑の対象となることを理解すべきだ」と忠告している。

 さらに、同法ではコンピュータへの不正アクセスに対して2年以内の禁錮、不正アクセスして操作を妨害したり、プログラムや情報にアクセスできなくさせたりするなどの行為に対しては10年以下の禁錮が定められていると説明。こうした刑罰の対象となる違法行為には、個人情報への不正アクセス、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃、情報を盗んだりシステムを変更したりする行為も含まれると述べ、攻撃を牽制している。

関連キーワード

不正アクセス | サイバー攻撃 | 違法


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.