ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年08月05日 07時54分 UPDATE

Microsoft、13件の月例セキュリティ情報公開を予告

8月の月例セキュリティ情報は日本時間10日に公開される予定。13件のうち2件が「緊急」レベルとなる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは、8月の月例セキュリティ情報を8月9日(日本時間10日)に公開すると予告した。今月は13件のセキュリティ情報を公開し、WindowsやInternet Explorer(IE)に存在する合計22件の脆弱性に対処する。

 同社の事前通知によると、13件のセキュリティ情報のうち、WindowsとIEの脆弱性に対処する2件が深刻度の最も高い「緊急」レベルとなる。IEは、最新版のIE 9を含む全バージョンが深刻な影響を受ける。

 残る11件の内訳は、深刻度が上から2番目の「重要」レベルのセキュリティ情報が9件、下から2番目の「警告」レベルのセキュリティ情報が2件リリースされ、WindowsとOfficeおよび開発ツールの脆弱性に対処予定。Officeの脆弱性はVisio 2003/2007/2010に、開発ツールの脆弱性は.NET Framework 3.5 SP1とVisual Studio 2005 SP1にそれぞれ存在する。

関連キーワード

月例パッチ | Internet Explorer | Microsoft | Windows


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.