ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2011年10月06日 13時03分 UPDATE

SAPジャパン、中堅・中小企業向けのビジネス分析/データ管理製品を発売

ビジネス分析とデータ管理を統合した製品と、ビジネス分析のエントリーモデルを提供する。

[ITmedia]

 SAPジャパンは10月6日、中堅・中小企業向けのビジネス分析(BI)製品「SAP BusinessObjects Edge」シリーズと、エントリーモデルの「SAP Crystal Server 2011」(旧称「SAP Crystal Reports Server」)を発売した。

 SAP BusinessObjects Edge」シリーズは、BI製品「SAP BusinessObjects Edge Business Intelligence 4.0」と、データの統合・品質管理やテキスト分析が可能な「SAP BusinessObjects Edge Data Services 4.0」、情報管理製品「SAP BusinessObjects Edge Information Steward」を組み合わせた。

 物理的に分散しているデータソースからデータを仮想的に統合する「ユニバース」という機能を利用して、レポート作成やダッシュボード、アドホック分析、多次元分析までを行える。また、テキスト分析機能では構造化データや非構造化データのさまざまなデータ形式からユーザーが必要とする分析を得られるという。SAP BusinessObjects Edge Information Stewardでは、システム管理者がデータの発生元からダッシュボードやレポートまでの情報活用のライフサイクルを通して、情報提供基盤の管理ができるようになる。

 SAP Crystal Serverでは、SAP Crystal Reports Serverで提供していたレポーティング機能に、BusinessObjects BIでのデータ検索やダッシュボードなどの機能を追加した。ユーザーはキーワードを入力して、異なる形式のさまざまなデータソースの中から関連性の高い情報を迅速に検出でき、レポートを作成できるとしている。SAP Crystal Server 2011の価格は33万2700円(税別、指定5ユーザー)からとなる。

関連キーワード

SAP | Business Objects | Business Analytics | SMB


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.