ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年10月20日 18時23分 UPDATE

企業のクライアント仮想化ソリューション導入率は10.7%――IDC調査

IDC Japanによれば、2011年のクライアント仮想化ソリューションの導入率は、本格導入中/試験導入中と回答した企業を合わせて10.7%だった。

[本宮学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは10月20日、「国内クライアント仮想化市場 部門別ユーザー動向分析調査」を発表した。デスクトップ仮想化製品やアプリケーション仮想化製品などの「クライアント仮想化ソリューション」の2011年の導入率は、本格導入中が6.7%、試験導入中が4%、導入予定が3%、導入検討中が9%だった。一方、「検討しない」とした企業は約7割だった。

 調査によれば、クライアント仮想化ソリューションの主な導入目的は、全体では回答率の高い順に「運用管理の効率化」「セキュリティ対策」「システム可用性の向上」「TCO削減/ROI向上」「内部統制」だった。

 部門別の利用目的では、営業部門/マーケティング部門は「ビジネス環境の変化に対するアジリティ(俊敏性)強化」「ビジネスモビリティ」という回答の割合が高く、物流部門は「事業継続性/災害対策」の割合が高かった。これについて同社は、「このような部門は全国に複数の拠点があることと、人の移動が多いためと考えられる」としている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.