ニュース
» 2012年03月15日 15時46分 UPDATE

NECのデジタルサイネージ、世界最大のユニクロで稼働

銀座にオープンするユニクロの世界最大の店舗でのデジタルサイネージに、NECのシステムが採用された。

[ITmedia]

 NECは3月15日、ファーストリテイリングが16日にオープンさせる「ユニクロ銀座店」のデジタルサイネージに同社製のシステムが採用されたと発表した。オープンと同時に本格稼働を開始する。

 ユニクロ銀座店は、ギンザコマツビル東館の1階から12階を占め、ユニクロとしては世界最大の店舗面積を誇る。NECが納入したシステムは、46インチ液晶ディスプレイが縦4面のマルチ構成による大型ディスプレイや200台以上のディスプレイパネルによるデジタルサイネージ、コンテンツ配信システムなどで構成される。

 店舗の各階に設置され、商品やモデルの映像などの店内広告を表示する。またフロアでは数十本の柱状のLEDをカーテンのように配置してその面にコンテンツを表示する新タイプのサイネージも配備される。

 運用面ではミラクル・リナックスと共同開発したセットトップボックスを採用して、マルチディスプレイ構成におけるコンテンツの同期表示に対応。コンテンツ配信などの制御は、NECがユニクロのデータセンターで行うという。

nec0315.jpg ユニクロ銀座店店頭に設置されたデジタルサイネージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -