ニュース
» 2012年06月11日 08時35分 UPDATE

Mac向けRetinaディスプレイ対応アプリ、WWDC直前に登場

iPhone、iPadに搭載された高精細ディスプレイ「Retina」がMacにも採用されるといううわさを裏付けるかのように、Mac App Storeに「Retina graphics」をうたうアプリが登場した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが6月11日(現地時間)からサンフランシスコで開催する年次開発者会議「WWDC 2012」でRetinaディスプレイ対応のMacが発表されるといううわさを裏付けるかのように、Mac App StoreにRetinaディスプレイ対応アプリが登場した。

 「FolderWatch」は、Mac内のファイルやフォルダを、外部ドライブやサーバと同期するMac向けの有料アプリ。6月8日にバージョン2.0.4にアップデートされ、その新機能として「Retina graphics」と書かれている。開発者のBrothers Roloffは公式Twitterで「このアプリはRetinaディスプレイに対応します」とツイートした

 retina Mac App StoreのFolderWatchのプレビューページ

 ただし、ユーザーからの質問に対しBrothers RoloffはTwitterで「“retina graphics”と書いたのはHiDPIに対応しているという意味で、AppleがWWDCで何を発表するかは知りません」と答えている。Macには以前から高解像度ディスプレイに対応するHiDPIモードが搭載されている(通常はオフになっており、Apple開発者向けツールを使わないと有効にできない)。

 WWDCで何が発表されるかは毎年さまざまなうわさが飛び交う。今年は、Retinaディスプレイ対応Macの他、次期モバイルOS「iOS 6」2月にデベロッパープレビューが公開された「OS X Mountain Lion」の詳細、米Facebookとの提携などの発表が予想されている。

 WWDCの基調講演は日本時間の12日午前2時にスタートする。Appleはライブストリーミングを行わないもようだが、米Macworld米The Vergeなど、各種オンラインメディアがライブブロギングを予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -