ニュース
» 2014年02月10日 07時30分 UPDATE

Snapchatアプリでサービス妨害攻撃、iPhoneがクラッシュする恐れ

Los Angeles Timesによると、Snapchatで一度に大量のメッセージを送信し、iPhoneをクラッシュさせることができてしまう脆弱性が見つかった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 開封後数秒で消える動画メッセージングアプリの「Snapchat」に、一度に大量のメッセージを送信してiPhoneをクラッシュさせてしまう脆弱性が発見されたという。米紙Los Angeles Timesが2月7日付で伝えた。

 Los Angeles Timesによると、この脆弱性はスペインの通信大手Telefonicaのセキュリティコンサルタント、ハイメ・サンチェス氏らが発見した。悪用された場合、攻撃者が特定のユーザーに大量のメッセージを一度に送り付けてサービス妨害(DoS)状態に陥れ、iPhoneを一時的にフリーズさせることが可能だという。端末がクラッシュしたり、ハードウェアリセットが必要になる場合もあるとしている。

spct01.jpg サンチェス氏は、Snapchatアカウントがブロックされたとして画像を公開した。「Snapchatの対抗策なのか……」とツイートしている

 この攻撃は、Snapchatでメッセージを送信するごとに、ユーザー認証のためのトークンが生成される仕組みを悪用している。サンチェス氏は、Snapchatシステムの脆弱性が原因で、古いトークンを使ってメッセージを送信できてしまうことを発見。この問題は、例えば大量のスパムメッセージ送信や、特定の相手を狙ったサイバー攻撃などに利用される恐れがあるという。

 サンチェス氏はSnapchatを使ってLos Angeles Timesの記者のアカウントにDoS攻撃を仕掛ける実証実験も披露している。記者のアカウントには5秒足らずで1000通のメッセージが届き、端末がフリーズした。同紙の記事にはこの様子を示した動画も掲載されている。

 一方、Android端末を標的としたDoS攻撃では、クラッシュには至らなかったものの、端末の速度が低下し、攻撃が止むまでアプリを使うことができなくなったという。

 Snapchatはメディア各社に対し、この問題を発見した研究者に連絡を取って、問題の解決に当たるとコメントしている。

関連キーワード

Snapchat | DoS | iPhone | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -